エンジン全開

役に立たないつぶやき→https://twitter.com/27000rpm

ご意見ご感想
27000rpm@gmail.com

iPad

USB typec to ライトニングケーブルの現在のベストバイ

MacBook Pro2016年度以降のタッチバー付きモデルはUSB typecポートが4つあるので、無理にハブをかませず直接ケーブルを繋いだ方が手っ取り早いですよね。そこで、USB typec to ライトニングケーブルでこのような使いやすい物を見つけました。USBmicro端子とハイブリッドなのですが、それはそれで便利ながらこれの真価は、Duetというアプリを使ってiPadをMacのサブディスプレイにしたとき、今までのUSB3.0端子までは供給電流が足りずにiPadのバッテリーが少しずつ減っていたのですが、こいつは充分な電源供給能力があるのでしっかり充電しながらサブディスプレイとして使えます。また、サブディスプレイとして使わなくても単純に充電アダプター並の充電速度を誇るので、MacとiPadを持ち出したときにiPad用の充電器は持ち歩かなくてよくなります。また、ライトニング変換端子部分はちゃんとApple認証のものなので、今後使えなくなるという心配は無さそうです。(メーカーに確認済み。ただし、USB typecそのものはApple規格では無くライトニング端子部分だけなので、敢えてApple認証を公称していないだけのようです)





よく、iPhone持ってたらパソコンもMacにした方がいいのと言われますが、

スマホといえばiPhoneのiOSか各メーカー製のAndroidの2つがモバイルOSのほぼ全てを占めています。Windowsも10からモバイルバージョンを用意し、巻き返しを図っています。なんでもWindowsモバイルではアプリがAndroidと極めて高い互換性を実現し、iOSも含めAndroidはほぼそのままソースを使えるという開発環境を提供するそうです。ものすごい巻き返しをする予感はありますがこの話はさて置き、iPhoneやiPadを買ったら母艦PCもMacにした方がいいの?という疑問が湧くと思います。答えはNoです。まずMacにすることの利点を挙げるとiOSアプリはMacでないと開発できないので開発者には当然必要です。また、WindowsではiTunesは激重だけどMacでは爆速だといいますが、これは本当です。他、OSX Mavericks以降、OSレベルでiOSとの親和性がとても高く、快適にiPhoneやiPadと連携して使えるようになるのは間違いないです。なんせ、iPhoneにかかってきた電話をMacで取れます。ですが、逆にただそれだけの為に高いお金を出してMacを買い足すかもしくは買い換える必要も感じられません。MacにWindowsも入れることができるし、デュアルブートにするか仮想環境でWindowsを使いつつOSXも使うというやり方もできますが大抵の人は既にWindowsの入ったPCを持っているのでそんな面倒くさいことはしないと思うし、Mac1台をメインマシンにしてブートキャンプなり仮想環境で両方のOSをガンガン使うぞ!っていうごく一部の限られた強者もいるにはいますがそれは雑誌やヘビーユーザーのブログの世界だけの話であり、ほとんどの人が3日も経てば片方のOSしか使わなくなります。お金が余っていてOSXに興味があるか、初めてのパソコンを買うけどスマホはiPhoneなので是非Macで、という人くらいにしかお薦めできません。なぜなら、今のOSXYosemiteが最悪なハズレだからです。カーネルレベルで欠陥があるとしか思えない!なのでYosemiteはスルーすべきです。次のEl Capitanでどれだけ挽回するかによりますね。で、次のバージョンでいいからOSXを是非使いたいぜ!って人はノートの方がいいでしょう。トラックパッドの使い心地はWindowsは10年経っても追いつけません。でも、デスクトップならOSXである必要も無いなあ・・・一度AppleStoreか量販店で吊るしモデルを触ってみてください。

office one noteが地味に使いやすくなっています

いろいろなメモをデバイス間シームレスでメモを取りたい時、私はマイクロソフトのone noteを利用しています。evernote派の方も多いと思いますが、私はoffice365に加入しているため、one noteのメモ保存先でもあるクラウドストレージone driveの容量が十二分に使えるため、one noteを使っています。evernoteは使ったことないので「そんなことevernoteでも出来るぜ!」って突っ込みは無しでお願いします。one  noteのいいところは、テキストだろうが画像だろうがなんでも貼り付けて備忘録として保存できるため、たとえばPC上で何か複雑な設定をした場合設定画面をスクリーンショットして貼り付けておくとか、スマホで写真を撮ってメモ代わりに貼り付けておくとか、仕事で使う場合は会議の議事録代わりにするとか、エクセルやパワポを取りあえずまとめて自分用の資料を作りたいときに重宝します。でも、仕事で使う場合、大抵の企業は個人のマイクロソフトアカウントに接続ブロックしている(グーグルアカウントをはじめフリーメール系は全部ブロック。まともな企業なら当たり前ですね。)ので会社のデバイスと私物デバイスをシームレスに共有は難しいです。さて、今回のアプデで音声もメモ出来るようになりました。録音にブックマークを付けてそこから再生なんてできます。スマホが録音機代わりになる上、one noteで一元管理できるなんてラクになりますね。さて、ここからさらなるリア充、意識高い系の方々の使い方を紹介します。リア充で意識高い系の方々は普段の生活の中で浮かんだアイデアや企画をこのone noteに書き留め、より充実した仕事や私生活に活かします。そして、旅行の計画で旅順や行きたい場所を書き留めたりします。うむ。素晴らしい。そしてスタバやブルーボトルでおもむろにmacやiPad、iPhoneに閃きをメモってドヤアアッっとやります。そう、one noteはアップル製品にも対応しており、OSXやiOSで無料インストールできます。マイクロソフトのアカウントを取れば無料で15Gのクラウドストレージ「 one drive」、写真アプリのバックアップ連携をすればさらに15Gで合計30Gが使えるので取っておいて損はありません。
54のコピー 



























Twitter プロフィール
ぼっちリーマンのアホなつぶやき
カー用品
最新記事