エンジン全開

役に立たないつぶやき→https://twitter.com/27000rpm

ご意見ご感想
27000rpm@gmail.com

R

VW(フォルクスワーゲン)Golf Rに乗ってみた!MT設定が無くなるらしいぞ!急いで今すぐ買え!5

最強のGolfといえばGTIでもなくGTEでもなく、「R」ですね!

ABA-AUCJXF
乗車定員     5人
ボディタイプ     5ドアハッチバック
エンジン     2.0L直4ガソリン
総排気量     1984cc
内径×行程     82.5mm×92.8mm
圧縮比     9.3
過給機     IC付きターボ
燃料供給装置     電子制御式
燃料タンク容量     55リットル
駆動方式     AWD
最高出力     228kW(310PS)
最大トルク   380Nm(38.7kg)
変速機     6速MT/7速DCT(DSG)
サスペンション     前:マクファーソンストラット
後:4リンク / トレーリングアーム
全長     4,275mm
全幅     1,800mm
全高     1,465mm
ホイールベース     2,635mm
車両重量     1,470kg
タイヤサイズ(前)     225/40R18
タイヤサイズ(後)     225/40R18
最小回転半径     5.2m
JC08モード燃費    12.6km/リットル

スペシャル諸元※GTIユーザーからの情報。おそらくRと同じ
クラッチとフットレストのクリアランス
13cm(通常時)
6cm(クラッチを踏み込んだ状態)
8cm(ブレーキ~クラッチ間)


そういうわけでGolf Rの試乗車があった某店舗に「いきなりアポ!」しかし、残念ながら夕方遅い時間まで戻っとこないらしく、しかもいつ戻るかわからない。ひょっとしたら夜かも知れないとのことorz...
最近ずっと「いきなりアポ!」で順風満帆に試乗乞食が出来ていたのにこれは後日の試乗を正式予約しようかと思っていたら、営業さんから電話が入り、戻って来そうな時間帯を連絡してくれました。これはもう乗るしか無いのでその時間帯にディーラーに向かったところ、、戻ってきたGolf Rのガソリンがほぼ空なので給油に行っている間に美味しいアイスコーヒーをご馳走になりました。そしてショールームから外を眺めていると清純なピュアホワイト(脳内妄想変換)のRが店に戻って来ました!電話をくれて給油に向かっていた営業さんの名刺をいただき、アンケート、誓約書、免許証提示等の儀式を済ませていざ試乗!「写真を撮らせてもらっていいですか?」「あ、はい。でもナンバーは勘弁してください💦」というわけで軽く撮影後、車内に乗り込むことに。わざわざドアを開けてくださって閉めてくださいました。シートやミラーの位置を合わせていると、いきなり営業さんの口から衝撃的な言葉が!な、なんとGolf RはMTの設定が無くなってしまうことが決まったらしいのです!「え?それはドイツ本国まるごとですか?日本だけですか?💦」「うーん。ドイツ本国ではなく日本だけの可能性も高いですが、なにせ今日(試乗した日)通達があったものですから・・」という悲報を聞いてからの試乗スタート。 試乗車はお約束の7速DSGでした。もちろん今回も街中ドライブなので営業さん横乗りの単なるドライブに過ぎなかったのですが、けっこう流れの速いバイパスもコースに含まれているので60km/hまでは好きなように加速できます。営業さんに白バイポイントをご教示いただきつつ走ったのですが、ゴールド免許(無事故無検挙!)私はそんな白バイさんなんかに縁は無いのではいはいなるほどと言いながら白バイ有名ポイントを通過しました。まずはシートですが、バケット風のスポーティな形をしていながらも座り心地は柔らかくラグジュアリー。走り出してみるとDSG(DCT)の乾式デュアルクラッチらしいバタバタした感じはどうしても出てしまいます。街中ドライブなので、普通に走っている分にはTSIハイラインと変わらない感じです。接地感は同じAWDのWRXSTIと似たような(似ていないけど)、AWDの余裕なのか地面に貼りつかせるようなサスセッティングでは無い印象でした。ターボラグもあまり感じられず、重たい車体をごく自然に加速させるようなフィーリングで、ハンドリングの追従性も至っておとなしく、ブレーキもとても自然なフィーリングなのであまりにもこいつの特徴というか、個性を感じず、足の固さも先日代車で出たGTEと似たような感じで、噂に聞く「モンスター」とは全然違う印象に驚いてしまいました。そうこう思っている間に流れの速いバイパスに合流。このときアクセルを踏み込んだのですが一気にドカンとGがかかるような加速ではなく、「めちゃくちゃ自然でラグジュアリーでありながらものすごく鋭い」という言葉では説明できない加速感でバイパスに入り、普通なら60km/hでは曲がるのがちょっとキツめのコーナーでも「大人しめな追従性でごく自然に曲がる」という、これまた言葉では説明できない挙動を見せてくれます。そう、これをちゃんと言葉に表すと、普通に走る分から「急加速・急ハンドル・急ブレーキ」の粗い操作をしても挙動がいちいち「上品」であろうとするのです!Rというグレードであること、そしてWRXSTI等とガチンコのライバルとされるGolf Rですが、見た目からして筋肉モリモリマッチョマンを主張しているWRXSTIやFFながらFK8シビックRと違い、こいつはフォーマルなスーツの中に筋肉を隠している紳士マッチョマン!既にマッチョグレードとして存在するGTIとは一線を画しつつもさりげなくエンブレムはRを冠し、VWの象徴的モデルであるGolfシリーズの頂点に立っているというなんとも変態的なモデルでありました。そう、変態は紳士で無ければいけないのです!いわばVWの変態紳士、それがGolf Rなのです!ただ、DSGのバタバタはさっさと直せ!できないならMT設定を消すな!

結論:(変態紳士って言いたいだけの為にゴチャゴチャ駄文を連ねていただけだった!)


GOLF2












































シビックやめてPolo GTIにしちゃったのですが。

急ですが、先日決めた次のパートナー、シビックやめました。何故かと言うと、Polo GTIに試乗したら一発で惚れてしまったからです。Polo GTIはドイツ本国ではフルモデルチェンジされており、日本では在庫分のみ販売し、フルモデルチェンジされたものが正規反映されるのは来年の春くらいになるようです。なのでまずは営業さんがモデル末期であることを最初に強調されました。でも、フルモデルチェンジされたものは3ナンバーへ順当にデブ化され、パワーも少し上がるも重量もデブ化されているのでまったく魅力を感じません。シビックは横幅1800mmとCセグにしても問答無用のデブですが実用性や居住性とバランスが取れていてデブであることは気になりませんでした。 で、Polo GTIの話に戻ると、こいつは5ナンバーサイズで1240kg、1.8リッター直噴ターボで6MTモデルはトルクが32.6kg(試乗車のDSGは25.5kg)というミニモンスターで、足回りも素晴らしく乗り心地はいかにもドイツ車弩・ストライクで、試乗の際に「好きなだけ乗って来てください」と言われたので空気を読まずに本当に六甲山系のとある峠道を存分に試しました。試乗車がDSGなのでトルクは25.5kgしか無い!?方だったので私が買った6MTの32.6kgはどれだけ暴力的な加速力があるのだろうと胸が躍りました。ただし、DSGはオートマといえど乾式クラッチでミッション構造はMTと同じで、コンピューターが適切なタイミングでほぼロス無くシフトチェンジしてくれるのでトルク7.1kgの差は実質縮むかと思います。ただ、最大出力・トルクの回転数レンジがMTの方が広いので縮まった差がまた少し広がるかも・・・と、悶々としますがそこは6MTが納車されるまでのお楽しみ。でもブレーキの踏み味が少し気に入りません。もうずっとブレンボの踏み味に慣れきっているのでブレンボの踏んだら「踏んだ分だけ」効くあのストレートな感じはブレンボか同等の社外品に替えない限り取り戻せません。慣れるしかないですね。で、純正ナビをはじめあれやこれやオプション付けたらシビックに較べ目ン玉が飛び出るほど値段が張ったのですが、モデル末期ということもありここでは書けないほど値引きしてくれたのと、それでも予算オーバーですがシビックの場合来年の1~2月納期なのでそれまでマンスリーレンタカー代がかかるのが馬鹿らしいのでIYHでPolo GTIを買いました。ホンダカーズさん、長年の付き合いを裏切ってすみません。一回だけVWに浮気します。でもタイプRがインテグラの名前で復活したら絶対に戻ります。私の車遍歴はレガシィB4を2台、そしてインテR、(親父がベンツの260Eを所有していたのでドイツ車の味も少し知っています)これからのPolo GTIですが、それでも人生の中でインテRを超える車はインテRしか出ないでしょう。Polo GTIに惚れたといってもインテRほどの狂愛ではありません。だがしかしPolo GTIも非常にいい女、もとい車なのだ!
というわけでインテRは殿堂入りとして、今後はPolo GTIを愛します。
IMG_0661

Twitter プロフィール
ぼっちリーマンのアホなつぶやき
カー用品
最新記事