エンジン全開

役に立たないつぶやき→https://twitter.com/27000rpm

ご意見ご感想
27000rpm@gmail.com

JCB

Apple Payは積極的に使うべきです。ポイントがダブルでついて得します。

以前、クレジットカードはJCBプロパーがお勧めだと書きましたが、何せJCBはQuickPayの盟主です。イシュアがJCBじゃないカードでも協賛している会社はQuickPay対応しています。なので電子マネーが使える店はほぼ全てQuickPay対応しています。もう一つの代表的なIDと双璧をなしますね。ナナコやWAONはApple Payに対応していません。で、Apple Payで支払うと何が得かというと、イオングループの会員カード系やTポイントカードとポイント併用ができることが多く、クレジットカード会社でつくポイントとWAONポイント、Tポイントがダブルでつくことが多いので、まずはWAONやTポイントカード、それにローソンポンタポイントもそうですね。このように得することが多いので積極的に電子マネーを使うべきです。スリープ画面からタッチID認証済みの指でホームボタンダブルクリックでメインカード、他のカードを選びたければ他のカードを選択して再びタッチID認証するだけです。フェリカICは裏面上部にあるので端末機センサー(端末側のフェリカチップ)にはiPhone7の上部をかざすと通信がスムースに行われます。
図2

クレジットカードのメインカードはJCBプロパーが無難ですよ



私はクレジットカードをJCBプロパーゴールド、三井住友VISAゴールド、セゾンアメックスパール、セゾンアメックスブルー、三井住友Amazonclassicマスター、JAFセゾンVISA、auwalletカード、ローソンポンタセゾンVISA、イオンコスモVISA、ヨドバシゴールドポイントVISA、エディオンオリコマスター、エディオンJCB、出光まいどプラスVISA、宇佐美うさっぴぃプラスセゾンVISA、エネオスVISA、もうこれくらいで面倒になってきた・・・というくらいクレジットカードを保有していますが、別にマニアでもなんでもありません。上記以外に最近解約したカードも軽く5種類はあります。クレジットカードは入会キャンペーンをやっているときに入会し、年会費が永年無料なら無理に解約せずとも持っていればいいし、年間1回100円でも使えば年会費がタダになるカードもあるし、ポイントがザクザク貯まるものもあり、どれを選んでいいのか迷いますよね。でも、私はこれだけたくさんカードを持っていてメインカードでほぼ9割型JCBプロパーゴールドしか使いません。別段、JCBプロパーカードにお得な要素はありませんが、全てのあらゆる買い物をこれ一本でまとめると案外得をしていることもあります。まず、年間一定以上の金額を使うとスターα等でポイントの溜まり方が優遇されます。還元率0.5%が1%近づき、それ以上は緩やかな優遇率といったところでしょうか。まあこんなことは他のクレジット会社でも同じですが、JCBはキャンペーンの数が半端なく多いです。自動的にエントリーされるキャンペーンもあれば自分から登録しなくてはいけないキャンペーンもありますが、とにかく提携先がものすごく多いのであらゆる買い物全てで平均以上に得をすることになるので、何かに特化したカードよりJCBプロパーカードで買い物を一本化した方が長い目で見て得なのです。あと、JCBはゴールドの上を行くプレミアムカードが比較的簡単に入手できます。実際、10年ほど前にJCBゴールドで数年間買い物をしていたらTHE・CLASSというJCBでは最上級となるプラチナカード(※2018年現在、正式にプラチナカードはゴールドの上級としていきなり入会申し込みできます。なのでTHE・CLASSはプラチナのさらに上のブラックカードと言えます)のインビテーションが来ましたが、年会費5万円は当時の自分にはあまりにも勿体ない金額だったので、むしろ通常のプロパーカードにあえて落としたくらいです。通常のプロパーカードは年間40万円以上使えば年会費が無料になる上、付帯する旅行保険もそこそこ充実しているのでそれで十分だったのです。しかし、JCBにはTHE・CLASSとゴールドの中間に位置するプレミアカードがあり、それは年会費1万5千円ですが、年間100万円以上使うとノーマルゴールドと同じ年会費1万円で、プライオリティパス(世界中の主要空港のラウンジが無料で利用できる)が付帯するらしいのです。プライオリティパス自体、それだけで年間数万円の会費がかかるので、それをJCBさんが負担してくれるというのです。それなら持ってもいいかなと去年再びゴールドへ戻し、来年は確実にプレミアムのインビテーションが来ることが確定しております。(基準を満たしているということ)そして、ゴールドカードの強みは各種保険の充実具合だけでも十分年間1万円を払う値打ちがあります。 さらに、買ったものが壊れても修理費保障してくれるので例えばアップル製品を買ってもアップルケアに入る必要は無いのです。サポートが必要な場合は入った方がいいかも知れませんが。そして、JCBは海外で弱いと言いますがサブで一枚マスターの付いたカードを持っていればもうほぼ買い物に困りません。そういうわけで私は不要になったクレジットをまたバッサリ整理していきますが、ヨドバシゴールドポイントカードはこいつがないとヨドバシで買い物できない(ポイント統合していれば他のクレジットで買ってもポイントは満額つきます)ことと、エディオンカードはまだ家電の保証期間中なので仕方なく持っておくことと、その他年会費永年無料系は無理に解約するつもりはありません。さて、なぜJCB推しかというと、世界でプロパーカードとして発行されている国際ブランドカードはアメリカのアメックス、ダイナース、そして日本のJCBの三社だけなのです!VISAやMASTERは国際ブランドとして有名ですが、こいつらはあくまでもやセゾン、オリコ等のイシュアにひっつくだけの補助的国際ブランドで、実際ピュアな国際ブランドはダイナース、アメックス、JCBの三社のみ!全世界で三社のみプロパー国際ブランドのうちアメックスとダイナースはアメリカ、我らがJCBは日本と、なんとアメリカと日本にしか国際ブランドプロパーカードが無いのです。繰り返しですがVISAやMASTERはプロパーが存在しないひっつき虫に過ぎません。あのロシアのプーチン大統領ですら日本に国際ブランドJCBがあることを凄いことであり、ロシアにも(金融安定のアピール材料として)国際ブランドが欲しいと公言しているくらいです。ならば日本人であればJCBプロパーカードを持つことが自己満足的ステータスと言えるでしょう!また、最上級となるプラチナカード(※2018年現在、正式にプラチナカードはゴールドの上級としていきなり入会申し込みできます)JCB版ブラックカードともいえるでしょう)THE・CLASSのインビテーションは年間100万円以上利用を数年続けるだけでいいのでハードルは低いです。年会費5万円を払うとアメックスプラチナのようなコンシェルジュが付き、電話一本であらゆる面倒な手配を代行してくれます。また、浦安ネズミーランドのクラブ33だか31だか忘れましたが、シークレットレストランにも招待されます。最近は抽選になってしまったらしいのですが・・・でも、ネズミーランドも待ち時間なしでアトラクションを利用できるプライオリティなサービスを受けられるようなので、これは実際にTHE・CLASSを所有してみないとわからないでしょう。私も一回はを所有してどのくらいの恩恵があるか測りたいものです。あ、前述の通りインビテーションのハードルは低い方ですよ。
そういうわけでクレカはJCBプロパーカードがお勧め!

あ、そういや私はネズミーランド、ネズミーシーって行ったことないし興味無いや。でもUSJでもプライオリティサービスがあるとか。USJも興味無いけど。

あと、ApplePay等電子マネーQuickPayの盟主でもあります。
ApplePayと色々なポイントカードが併用できる話題はこちら。

2018年現在、JCBの序列は下記の通り
ただし、学生や若者向けのもっと細かいものやリボ専用は除く。

THE・CLASS※招待制。一定の条件を満たせばインビテーションが来る。
プラチナカード※申し込みで入会。
ゴールド・ザ・プレミア※招待制。一定の条件を満たせばインビテーションが来る。
ゴールド
ノーマルプロパー※申し込みで入会



Twitter プロフィール
ぼっちリーマンのアホなつぶやき
カー用品
最新記事