最近車検を受けました。代車はフィットハイブリッドで、ハイブリッド車が代車になること自体初めてではないのですが、今回のフィットハイブリッドは生充電、エンジンやバッテリーからの動力供給等が一目でわかるモニターがついており、最近のハイブリッド車にはほとんどこのようなモニターがあるのでは無いでしょうか?アクセルを離すと回生充電、モーターだけの動力、エンジンだけの動力、そして両方使って一気に加速等、状態が目で見えるのでとても面白かったです。そこで思ったことは、ハイブリッド車は動力供給用バッテリーの容量が大きければいいものではなく、また満充電にしておいても無駄なので回生充電された電力は遠慮なく放出した方が効率がいいので一般的な運転の回生充電で貯められるギリギリの容量のバッテリーの方がより軽量化とスペース効率が良くなるものなんだろうなと考えせられました。いや〜しかしなまじあんなモニターがついていると運転中ずっと頭を使わなければならないのでかえって疲れるな〜という感想です。しかしですね。これで鬼のように燃費が良くなるとは思いますが、それで節約できるガソリン代でペイできるのかとはまた別の話です。
余談ですが車検でディーラーがあるミスを「やらかした」のでまた近いうちに車を持っていかなければなりません。また代車にフィットハイブリッド貸して欲しいなあ・・・