エンジン全開

役に立たないつぶやき→https://twitter.com/27000rpm

ご意見ご感想
27000rpm@gmail.com

ハイレゾ

ハイレゾ音源を聴くのではなく目で視て検証してみる


巷で話題の「ハイレゾ音源」。いわゆるハイレゾリューション(高解像度)の音源って何のことか?
音楽CDは16bit/44.1khzでサンプリングされており、それを上回る規格がハイレゾ音源となります。では、高解像度って何のことかというと映像で例えると画素数が多いほど高解像で、DVDが約30万画素、ブルーレイが約200万画素となります。DVDよりブルーレイの方が「ハイレゾ」ということになります。なので、同じソースでブルーレイとDVDの映像ソフトを買ってきてフルハイビジョンのモニターで見比べればその差は一目瞭然。これを音源に当てはめたものが「ハイレゾ音源」となります。実際、24bit/96khzでサンプリングした音源は間違いなく16bit/44.1khzサンプリングのCD規格より高解像度なのは間違いありません。ただし、条件として録音環境、マイクをはじめ機材がハイレゾ対応していないと意味がありません。なので録音環境は最新の機材でハイレゾをミックスすることを前提で録ったものとします。で、16bitとか24bitとかは何ぞや?というと、「器の広さ」と考えてください。で、サンプリング周波数の44.1khzだとか96khzとかはより高い音(周波数)でサンプリングしたものとなります。これ以上うまく説明できないので映像で言うと「より画素数が多く色数が多い」的なものとなります。「ハイレゾ音源」とは実際に高解像度で納められたデジタル音源ということです。さて、これをCD音源とハイレゾ音源で聴き分けられるかというと、私にはほぼ無理です。と言うのも、CD音源で既に人間の聴覚をはるかに上回る解像度があるからです。逆に、CD音源からさらに解像度を下げていって、MP3の128kbpsくらいまで落としてやっと聴き分けられる範疇となります。では、ハイレゾなんて意味ないのでは?となりますがそんなことはありません。これから後世に現代の音楽を資産として残すのであればできるだけ高品質で残すべきであります。しかし、ハイレゾを聴き分けることはできなくても目で見分けることはできます。画像の上は元はCD音源で、音圧MAXで音が壊れていたソースです。画像下はハイレゾ音源で、CDより高い音圧にも関わらず「器」が大きいので余裕があります。こういったところにもハイレゾ音源の可能性はまだまだ未知数と言えます。

キャプチャ11111111
キャプチャ222222



ウォークマンAシリーズを買ってみた


今や皆スマホを持っている時代、スマホに音楽を入れてスマホにイヤホン、ヘッドホンを刺して使えばいい。実際、私もずっとそうしていました。しかし、思うところがありウォークマンAシリーズを買いました。深い理由はありません。ただ思い立って買ってみただけです。さて、ウォークマンは強力なノイズキャンセリング機能を有し、24bit192khz等のサンプリング、いわゆるハイレゾ音源に対応しています。スマホでもハイレゾはソフトウェア対応はできますが、本当の意味での対応はしていません。ウォークマンの場合はチップレベルで対応しているようです。さらに、ウォークマンはDSEEという圧縮音源を高解像化させる機能もあり、クリアーオーディオプラスという機能もあり、様々なプリセットイコライザーも用意しているので、音楽を聴く機械としてはスマホより格段に多機能です。中でも一番驚いたのは付属イヤホンでノイズキャンセリングをONにして街中を歩いていると小音量であるにもかかわらず周囲のノイズを消しまくってくれることで、軽く感動するとともにこれで街中を歩くと危険なのでノイズキャンセリング機能は外出中街中を歩く時は封印した方が良さそうです。長時間電車に乗るときは重宝しそうです。
音質については・・・あえて触れないよ!


Apple、iPodtouchの新型発売


AppleがiPodtouchを3年ぶりにモデルチェンジしました。何がすごいかって、iPhone6と同じA8プロセッサとM8プロセッサを搭載している上、画面が4インチ据え置きでカラーバリエーション豊富という贅沢さ。これにGPS搭載してSIMカードが使えればまんま小型iPhone6になる!しかも、値段が円安にしては予想外の安さ。ガラケー使いの人やAndroidスマホ持ちの人はiOS入門として買ってもいいのではないでしょうか?いや、入門と言うには高性能過ぎなんですが。正直、iPodtouchなんて小型コンピューターの過度期の産物であってSIMフリーiPhoneが取って代わるものと思っていましたがAppleもなかなかやりますな!でも、日本ではあまり売れないでしょう。なぜなら日本ではiPhoneが普及しすぎていることと、海外ほどWi-Fiフリースポットが多くないこと、そもそもスマホでテザリングできるのでタブレットがあれば充分なことと、音質にうるさい人はウォークマンを買うよいうこと。ちなみにハイレゾウォークマンとか言ってますがいくらデータがハイレゾでもソースの音質が低ければ意味が無いことと、ウォークマンのデジタルアンプがドンシャリに色付けしているのでいい音と錯覚しているだけです。ハイレゾ詐欺についての話はまた今度ネタにします。あ、私はカセットテープ時代のウォークマン以外ウォークマンと認めないケチなおっさんですよ。


Twitter プロフィール
ぼっちリーマンのアホなつぶやき
カー用品
最新記事