エンジン全開

役に立たないつぶやき→https://twitter.com/27000rpm

ご意見ご感想
27000rpm@gmail.com

タイプR

やはりシビックはタイプRに心惹かれるが・・・

シビックの発表も終わり、先行予約していた人すら年内の納期が厳しいようです。シビックタイプRの購入も考えましたが(この記事執筆後にPoloGTIにしました。)やはり今でもシビックタイプRには心惹かれています。でも、タイプRにしたら納期が早くても来年春になってしまうのでレンタカー代がさらに嵩むのが痛いからであること、そして20インチタイヤの維持がツラそうであったことです。
しかし!以前宣言した通り、もし将来的にインテグラの名前が復活し、それのタイプRが出たらたとえタイヤが22インチくらいになろうとも必ず買います!


新しいパートナーは、シビックになります。

ホンダがシビックを発表しました。引退するDC5インテRの次のパートナーはハッチバックの6MTとなります。せっかくならハッチバックベースのタイプRにしたいろころでしたが、もはやシビックタイプRのコンセプトはその辺のサーキットFF無双ではなく、ニュルブルクリンクオールドコースでFF無双を目指すというコンセプトになっており、ニュルブルクリンクオールドコースといういろいろな要素を兼ね備えた過酷な条件でFF世界最速の座をメガーヌに譲るわけには行かないぜ!ということで熱い魂は昔となんら変わっていません。FFで320馬力ですよ!もう一度言いますが、FFで320馬力!
私がDC5を買ったとき、FFの限界は200馬力がいっぱいいっぱいで、カタログ馬力220馬力であったDC5インテRですらもはやFFも究極のところまで上り詰めたと言われておりました。で、FFではオーバースペックと言われる220馬力を誇ったDC5インテRですが、実際に走らせてみると信じられないような旋回能力、機械式デフの影響でステアリング操作を誤ったらヘタすりゃオーバーステアでスピンしそうな回頭性能、K20Aの下から上まで延々とトルクの湧き出る反則パワフルエンジンのパワーと旋回を前のタイヤ2本だけでよくまあここまで受け止められたものだという凄まじい走りを見せてくれました。サーキットでもタイムアタックならS2000に平均して勝っていたくらいのお化けマシン、それがDC5インテRだったのですが、なんと今のシビックタイプRはFFで320馬力!(ちょっとくどいかなw)
そう、それを可能にしているのはまずタイヤそのものの進化と、245/30ZR20というヤンキーセルシオもびっくりのタイヤによるものが一番大きな理由であると考えられます。ただし、このセッティングはニュルブルクリンクオールドコースで天下を取るためだけの仕様である可能性が高く、案外普通のサーキットならより軽量な17~18インチの方がタイムを出せるかも知れません。 しかし!DC5インテRが当時の仕様としては「FF車にこんな仕様はオーバースペック!」と言われていたのにも関わらず、そんな常識を覆すぶっ飛んだレーシンカーレプリカとして後世に名を残してくれました。たぶん、今回のシビックタイプRも「FFに320馬力はオーバースペック!」という下馬評を覆す、乗りやすくかつ鬼のように速く抜群の旋回性能を持つタイプRの正統進化バージョンとなっているのでしょう。むしろ、これくらい尖っていないとタイプRを名乗って欲しくないほどです。今回私がタイプRを見送ってハッチバックの6MTとしたのは、いくつかの理由があります。本当はタイプRにしたかった!でも、納車まで長期格安レンタカーで過ごす身としては納期が来年の春以降となるのでそれまでレンタカー代が嵩むのでオンボロ軽を買って乗るという手段もありますが任意保険云々を鑑みてレンタカーの方が安心なのでレンタカーを使うが、それならそんなに長く待つとなると納車までオンボロ軽+任意保険との損益分岐点が読みにくく、さらに20インチタイヤは今後の維持費用として重くのしかかること、そしてもう公道でしか乗らないので超高性能を持て余すのでハッチバックの6MTにしておきました。それでも納期は最悪来年の2月らしいのですが、いくらなんでもそこまで遅くはならないでしょう。
実は、他のメーカーでも見積もりを取っていて、どこの営業さんも「レンタカー生活は勿体ないのでメーカー本社のケツを叩いて一日でも早く納車できるようにします」とありがたいことを言ってくださったのですが、長年付き合いのあるディーラーから買うのが安心であることと、せっかくシビックの名前が復活し、しかもハッチバックは輸入車扱いになるというレア加減からシビックハッチバックにしました。でも、いくらホンダセンシングだとかダウンサイジングターボだとか並べられてもDC5タイプRのエンブレムには敵わないです。ただ、いくら言っても覆水盆に返らず。DC5タイプRの思い出とともに次の車が納車されることを待ちます。半年ちかくは長いなあ・・・
もし、盗難から帰ってきたDC5の修理費用が25万円以内ならそれを直して乗りながらシビックタイプR の納車を待っていたかも知れません。そして20インチタイヤでスーパーにお買い物というシュールな日常生活を送っていたかも知れません。いや、そうしてみたかった・・・

※後日、Polo GTIに変更しました。

DC5 インテグラタイプR 近況日記


いよいよ自動車税の季節がやって参りましたね。私のDC5インテRも本来は自動車税は39500円なのですが、登録以来16年選手なので15%重加算で46400円ほど納付してきましたよ。あのね、これってちょっとおかしく無いですか?新車1台買う方がよほど環境負荷がかかっているはずです。古い車を大事に乗っている方が環境負荷的には優しいはずだし、それを維持する為にもう一台新車買えるくらいお金を使っているので経済貢献も充分やっているはずなのです。まあ、あそれはさておき3月に車検を受けた際、15年以上付き合いのあるディーラーが私のカーオーディオの設定を全部吹っ飛ばしてしまい、音像定位のために色々とマニアックな調整が必要な設定をやり直したばかりのところに、エアコンが全然効かないというトラブルが起きました。しかし、ホンダカーズ兵庫の神対応のお陰で無事に直りました。なんと、GWの渋滞の中わざわざ取りに来てくれた上に、エアコンを制御するリレー部分(パーツの値段的には安いですが)を交換し、また持って来てくれて全て無料対応でした。理由としては最近受けたばかりの車検で色々パーツ交換したり点検パック加入したりで、かなり高額な車検を受けたにも関わらずカーオーディオの設定を吹っ飛ばしたり、その舌の根も乾かぬうちにエアコン不具合を点検時に発見できていなかった稚拙さをお詫びしたいとのことでした。何せ、16年以上も付き合いがあってこんなポカをやってくれたのは初めてだったので、せめてもの誠意を示したいとのことでした。私としては部品と工賃というサービスに対し、対価を支払うべきであると言いましたが、私自身、このために休日を潰されてしまっていたことと、ディーラー自身、メンツを守るために無料対応させて欲しいというお気持ちを汲んでお言葉に甘えました。でも今後も気持ちよくディーラーさんと付き合って行きたいですね!

DC5はまだまだ現役で有り、これからも現役なのである。


思えば2001年の春、たまたま通りかかったホンダベルノ三田店(現・ホンダカーズ兵庫三田中央点)にフラッと入り、「インテRの試乗をさせて欲しい」と言ったら、「一週間後に試乗車を用意します」と言われ、約束通り一週間後に行って試乗をさせてもらったのが始まりでした。当時、BE5のレガシィB4に乗っていました。レガシィB4はハイパワーツインターボ4WD(今はAWDと言うようです) かつ4ドアセダンで5ナンバー5人乗り、さらに車重が1380kgとこの手の車としては軽量でコーナリングも地にへばりつくような安定性。まさに「神」のような車でした。しかし、何故か早くも飽きていました。そこでなんとなく気になっていたDC5インテグラタイプRに無性に乗ってみたくなったのです。試乗させてもらったとき、異次元の気持ちよさを感じました。エンジンの吹け上がりが恐ろしく鋭く、ヘリカルLSDのせいなのか恐ろしく曲がり、そしてブレーキも踏んだ分だけ制動が効くというまるでレーシングカーのような乗り味に一発で惚れてしまいました。そう、レーシングカーレプリカそのものなので。レガシィB4はツインターボを採用していたので4500回転あたりでパワーの落ち込みがあり、一度パワーがグンと落ちてセカンダリータービンが動いてからまたグーンとパワーが出るので、はっきり言ってターボの「力業」的な部分があり、それが気持ちよさに繋がらずに飽きが早かったように思えます。いや、前述の通りBE5のB4は「神車」には違い無いですけどね。DC5インテRのK20Aは低回転から高回転まで延々とトルクがあるスペシャルNAエンジンで、VTECが作動する5000回転辺りから音もVTEC特有の音に変わり、何から何まで官能的なエンジンです。まさに一目惚れして衝動的に乗り換えてから14年経ち、まだこれに乗っています。自分にとって、これ以上魅力のある車がまだ無いからです。なのでまだまだ現役、そしてこれからも現役なのである。

シフトノブをカーボンに替えた結果

5月だというのに何という暑さでしょうか。余裕の30℃超えです。このペースで行ったら8月には60℃くらいになりそうですね。いやマジで。さて暑くなってくると車の中は灼熱地獄になります。エンジンかけてエアコンが効いてくるまでうっかり車内のものにも触れないです。私の車は純正シフトノブがアルミ製なので夏場は左手が焼き肉になる勢いでした。でもとても手にフィットし質感やデザインが気に入っていたのですがさすがに10年以上使っているとだいぶくたびれたのでカーボン製シフトノブに替えておりました。
これ、今日のような灼熱の車内でも左手が焼き肉にならずに済みました。でもデザインはアルミも捨てがたいなあ‥
IMG_0219IMG_0221IMG_0222
Twitter プロフィール
ぼっちリーマンのアホなつぶやき
カー用品
最新記事