エンジン全開

役に立たないつぶやき→https://twitter.com/27000rpm

ご意見ご感想
27000rpm@gmail.com

スマホ

時代は進化しているのか?果たしてそうなのか?


気が付くと2016年となっていました。
21世紀になって15年。この15年で何が進化したかと言うと・・大して何も進化していませんね。日常生活でガラケーがスマホに変わった上に通信速度もアホみたいに上がっている?確かにそうですが、15年前はFOMAとiモードがあって、やっていることはメールがSNSに変わったくらいでゲームもどこでもオンラインという以外はプレステから劇的な進化は無いし、SNSにより生活の多様性が出ているもののプライベートな時間等、生活の中で失ったもののほうが多いのでは無いでしょうか?緊急災害速報だってガラケーでも充分ですよね。しかし上記「生活が本質的に進化していない」というだけでスマホを否定しているわけではありません。私もスマホタブレットノートPCデスクトップPCみんな持っているし。ガラケーのPHSも持っているのでもしろアレな分類です・・さて進化していない話に戻ると、自動車はどうでしょうか?ハイブリッドを筆頭に劇的な燃費向上や、スバルのアイサイト、海外ではグーグル、日本ではトヨタが引っ張っている「完全自動運転」。生活の道具としてはとても進化していますが、20世紀最後のSW20のMR2、Z80スープラ、S15シルビアやR32、33、34GTR,FD3SのRX-7、NSXやタイプR軍団、ランエボ、インプレッサ・・。こんな車たちが同時にひしめき合っていた時代のほうが輝いていたように感じます。そりゃもうそんな時代に青春時代を送ったおっさんの思い出話なんですけども。しかも、その時代の走る車たちは今も尚「速い」ままなのです。現行のトヨタ86/BRZは孤軍奮闘していますがサーキットでギンギン走るタイプの車ではないです。いや、サーキットでギンギン走らせたい車ですけど。時代の流れと共に内燃機関のエンジンは姿を消すといわれていますがガソリンのエネルギー変換率はバッテリーをはるかにしのいで余りあるので、内燃機関は無くならないにしても、あの20世紀最後の奇跡のラインナップは二度と出てこないと思われます。進化って何を持って進化というのか?結局のところ、技術は進化しても人の心は何百年もずっと同じままではないだろうか?と思いつつ年を越してしまいました。

情報端末のパラダイムシフト(パラダイムシフトって言ってみたかっただけ)

有線では光回線、無線ではLTE。通信インフラが充実していて情報端末は一人一台の時代となりました。ほんの数年前まではネット回線を媒介する情報端末はパソコンだけでした。携帯電話のいわゆる「ガラケー」も立派な情報端末でしたが、あまりにも制約が多く使い物になりませんでした。使いこなしていた強者も多かったけどね。しかし、スマートホンの台頭により家電品としてのパソコンは今や家庭に必須でなくなりつつあります。スマートホンは画面が小さいだけでパソコンとほぼ同じことができます。画面の小ささに不満があればタブレットを使えば解決します。急速に普及したスマホやタブレット。今やパソコンは触ったことはなくスマホやタブレットだけを使いこなせる人が多数です。では家庭におけるパソコンの存在意義は何か?2015年の時点でいえることは「(広義での)情報を消費する」だけならスマホやタブレット、動画編集や画像処理等「(広義での)情報を創り出す」役割はまだパソコンに分があります。(既に動画編集すらタブレットででもできる環境がありますが)少しベクトルは違いますが廃人ゲーマーにとっても最新グラボを搭載したPCが必須で、スマホやタブレットのゲームでは物足りないと思われます。文章書くにも物理キーボードの方が打ちやすい。なので2015年の時点ではパソコンの存在意義はあります。ですが、5年後10年後はどうでしょうか?その頃のスマホやタブレットは今のデスクトップPCの性能を軽く上回っています。なのでよほどヘヴィな作業で無い限り動画編集すらスマホやタブレットでこなせる時代になっています。物理キーボードは無線で簡単に接続できるし、PCと同じ環境をたやすく作れるので現在PCでないと処理できないヘヴィな作業はちょっと未来にはスマホやタブレットでこなせるようになっています。今、デジタル情報端末は長い目で見て過度期であり、情報を創り出す、消費するの両面を目的とした「手段」としてPCやスマホ、タブレットがあり、それをヘヴィに使うかライトに使うかでユーザーに選択肢がある時代です。だからといって性能面で大きくリードできているPCが無くなることは当分無いでしょう。
Twitter プロフィール
ぼっちリーマンのアホなつぶやき
カー用品
最新記事