エンジン全開

役に立たないつぶやき→https://twitter.com/27000rpm

ご意見ご感想
27000rpm@gmail.com

ウォークマン

ウォークマンAシリーズを買ってみた


今や皆スマホを持っている時代、スマホに音楽を入れてスマホにイヤホン、ヘッドホンを刺して使えばいい。実際、私もずっとそうしていました。しかし、思うところがありウォークマンAシリーズを買いました。深い理由はありません。ただ思い立って買ってみただけです。さて、ウォークマンは強力なノイズキャンセリング機能を有し、24bit192khz等のサンプリング、いわゆるハイレゾ音源に対応しています。スマホでもハイレゾはソフトウェア対応はできますが、本当の意味での対応はしていません。ウォークマンの場合はチップレベルで対応しているようです。さらに、ウォークマンはDSEEという圧縮音源を高解像化させる機能もあり、クリアーオーディオプラスという機能もあり、様々なプリセットイコライザーも用意しているので、音楽を聴く機械としてはスマホより格段に多機能です。中でも一番驚いたのは付属イヤホンでノイズキャンセリングをONにして街中を歩いていると小音量であるにもかかわらず周囲のノイズを消しまくってくれることで、軽く感動するとともにこれで街中を歩くと危険なのでノイズキャンセリング機能は外出中街中を歩く時は封印した方が良さそうです。長時間電車に乗るときは重宝しそうです。
音質については・・・あえて触れないよ!


Apple、iPodtouchの新型発売


AppleがiPodtouchを3年ぶりにモデルチェンジしました。何がすごいかって、iPhone6と同じA8プロセッサとM8プロセッサを搭載している上、画面が4インチ据え置きでカラーバリエーション豊富という贅沢さ。これにGPS搭載してSIMカードが使えればまんま小型iPhone6になる!しかも、値段が円安にしては予想外の安さ。ガラケー使いの人やAndroidスマホ持ちの人はiOS入門として買ってもいいのではないでしょうか?いや、入門と言うには高性能過ぎなんですが。正直、iPodtouchなんて小型コンピューターの過度期の産物であってSIMフリーiPhoneが取って代わるものと思っていましたがAppleもなかなかやりますな!でも、日本ではあまり売れないでしょう。なぜなら日本ではiPhoneが普及しすぎていることと、海外ほどWi-Fiフリースポットが多くないこと、そもそもスマホでテザリングできるのでタブレットがあれば充分なことと、音質にうるさい人はウォークマンを買うよいうこと。ちなみにハイレゾウォークマンとか言ってますがいくらデータがハイレゾでもソースの音質が低ければ意味が無いことと、ウォークマンのデジタルアンプがドンシャリに色付けしているのでいい音と錯覚しているだけです。ハイレゾ詐欺についての話はまた今度ネタにします。あ、私はカセットテープ時代のウォークマン以外ウォークマンと認めないケチなおっさんですよ。


ウォークマンの思い出

ブログネタ
あなたの思い出の「家電」は? に参加中!
今、携帯音楽プレイヤーといえばスマホかiPod、現代のウォークマンも含め半導体にデジタルなデータが収まっています。ハイレゾ再生も可能なものまで出ていますが、いずれスマホに統合されて行きます。今は過渡期ですね。で、我々にとってのウォークマンって、カセットテープのやつが一番しっくりきます。私の世代はCD全盛期で、レンタル屋さんで借りたCDをテープにダビングしてウォークマンにセットしてそれを聴きながら通学していました。今思うと、ヘッドホンをして自転車に乗っていたわけで、良い子はマネするなよ!で、CD一枚60分くらいだと74分テープを買ってA面B面で絶妙に時間を合わせてダビングしたものです。そのカセットデッキも「ドルビーS」付きの10万円以上する高級なデッキを無理して小遣いはたいて買ったものです。でも、カセットデッキは高いものほど本当にCDに近い高音質でダビングできたのです。今は無圧縮でリッピングしたらはい終了ですが。私の世代のカセットウォークマンは「ドルビーB」付きで、「ドルビーS」と互換性があるのでダビングは「ドルビーS」でやっておりました。ここでいう「ドルビー」はドルビー社のノイズリダクション機能のことです。カセットテープ特有のヒスノイズを消すために音源の高域を少し強めに録音し、再生時にノイズ帯域を抑えることによりヒスノイズだけ取り払おうという当時としては合理的で進んだ技術でした。そのウォークマンですが、見事にソニータイマーが内蔵されており、丁度一年で不具合が出ました。当時のソニーサービスショップの対応は親切で、少し保障が切れていても無償対応してくれました。その親切な対応むなしく一度発動したソニータイマーはキャンセルできずにそのままウォークマンを手放すことになりました。いやあ、懐かしい。当時、カセットデッキだけでなくオーディオ類にもこだわっていました。必死にアルバイトして全額つぎ込んでいたものです。中でも「音楽を持ち歩ける」ウォークマンは格別なものでした。

Twitter プロフィール
ぼっちリーマンのアホなつぶやき
カー用品
最新記事