エンジン全開

役に立たないつぶやき→https://twitter.com/27000rpm

ご意見ご感想
27000rpm@gmail.com

アストロン

さすがはSEIKO!

先日、SEIKOアストロンのGPSでの時刻修正機能が効かなくなり、購入したヨドバシ梅田に持ち込んで修理依頼をかけていました。メーカー保証期間が切れていたので有償修理になると言われ、ヨドバシ独自の延長保障(保険みたいなものです)で13万円くらいまでの修理費用はヨドバシが持つという話で修理に出しました。す、すると、なんとSEIKOが無償でGPSデバイス丸ごととソーラーパネルを交換して返してくれました。なので、ヨドバシの一回こっきりしか使えない延長保障も使わずに済みました。たぶん、アストロンのウリであるGPSユニットの故障はいくらメーカー保証期間切れでもSEIKOの威信にかけて無償修理対応してくれたものだと思います。さすがは天下のSEIKOだと素直に喜びつつ、これからも末永く愛用します。




天下のSEIKO時計が・・・

2013年に購入したSEIKOアストロンというGPSソーラー時計、(写真は色違い)たった3年でGPSが効かなくなりました。天下のSEIKOさん、マジかよと思いつつ何度も見晴らしのいい場所でGPS時刻修正を試すもうまくいかず。メーカー保証は2年で切れているので保証対象外でしたが、ヨドバシで買って5年保証つけていたのでヨドバシに持ち込みました。3年経過しているので修理費保証金額は買値の約60パーセント。うん。たぶん間違いなくその範囲に収まるであろうからきちんと直って帰ってくるでしょう。購入した2013年はSEIKOが初めてGPSソーラーを出した年であり、技術的に初物の類であったことと、どんな優秀なメーカーでも必ず一定数は故障するものであると割り切ってはいますが、時計って一生モノのイメージがあり、いくらハイテク初物とはいえたった3年で不具合が出たのは残念でなりません。まあ一生モノで使えるのはメカニカルムーブ式で且つきちんと手入れをしている本当の時計好きのための時計だけなのですが。しかし、こいつもデビュー3年も経てばある程度部品も熟成されたはずなので、GPS周りの部品を最新のモノに入れ替えてくれたのであれば、また末長く使いたいものです。でも、修理が上がる予定が一ヶ月半以上先なんて待てない!他の時計も幾つかあるけど思わずヨドバシで他の時計を衝動買いしかけてしまいました。





Twitter プロフィール
ぼっちリーマンのアホなつぶやき
カー用品
最新記事