巷で話題の「ハイレゾ音源」。いわゆるハイレゾリューション(高解像度)の音源って何のことか?
音楽CDは16bit/44.1khzでサンプリングされており、それを上回る規格がハイレゾ音源となります。では、高解像度って何のことかというと映像で例えると画素数が多いほど高解像で、DVDが約30万画素、ブルーレイが約200万画素となります。DVDよりブルーレイの方が「ハイレゾ」ということになります。なので、同じソースでブルーレイとDVDの映像ソフトを買ってきてフルハイビジョンのモニターで見比べればその差は一目瞭然。これを音源に当てはめたものが「ハイレゾ音源」となります。実際、24bit/96khzでサンプリングした音源は間違いなく16bit/44.1khzサンプリングのCD規格より高解像度なのは間違いありません。ただし、条件として録音環境、マイクをはじめ機材がハイレゾ対応していないと意味がありません。なので録音環境は最新の機材でハイレゾをミックスすることを前提で録ったものとします。で、16bitとか24bitとかは何ぞや?というと、「器の広さ」と考えてください。で、サンプリング周波数の44.1khzだとか96khzとかはより高い音(周波数)でサンプリングしたものとなります。これ以上うまく説明できないので映像で言うと「より画素数が多く色数が多い」的なものとなります。「ハイレゾ音源」とは実際に高解像度で納められたデジタル音源ということです。さて、これをCD音源とハイレゾ音源で聴き分けられるかというと、私にはほぼ無理です。と言うのも、CD音源で既に人間の聴覚をはるかに上回る解像度があるからです。逆に、CD音源からさらに解像度を下げていって、MP3の128kbpsくらいまで落としてやっと聴き分けられる範疇となります。では、ハイレゾなんて意味ないのでは?となりますがそんなことはありません。これから後世に現代の音楽を資産として残すのであればできるだけ高品質で残すべきであります。しかし、ハイレゾを聴き分けることはできなくても目で見分けることはできます。画像の上は元はCD音源で、音圧MAXで音が壊れていたソースです。画像下はハイレゾ音源で、CDより高い音圧にも関わらず「器」が大きいので余裕があります。こういったところにもハイレゾ音源の可能性はまだまだ未知数と言えます。

キャプチャ11111111
キャプチャ222222