エンジン全開

役に立たないつぶやき→https://twitter.com/27000rpm

ご意見ご感想
27000rpm@gmail.com

2017年10月

PoloGTIの燃費について

VW PoloGTIの燃費ですが、国道→山道→国道→山道といった感じで150kmほど走った結果、リッター15km/Lと、そこそこの数字のようでした。今どきの車はバッテリーを虐めまくる仕様で、従来の車のように常にオルタネーターが仕事して発電・充電しているのではなく、アクセルを離した状態やブレーキをかけているときに回生充電するだけで、常時充電していません。一定以上減るとやっと常時充電するようです。バッテリーの電力に余裕がある場合は止まったときにアイドリングストップし、クラッチを踏むとエンジンがかかります。この機能はOFFにしておくこともできるのですが、毎回エンジンをかける度にOFFにしなければならないのと、渋滞ノロノロ進行以外はOFFにする必要も無いので、最近は積極的にアイドリングストップさせています・・・と言いたいところですが、ドラレコの駐車監視機能で駐車時も常時録画しているためか、そんな頻繁にアイドリングストップしてくれません。また、セキュリティ装置のVIPERも作動しているのでけっこうバッテリーに負担がかかっているようです。じゃあそんなにバッテリーに負担がかかるならちょっとヤバいのではないか?と疑問に思うところですが、欧州車って、本場欧州ではもっとバッテリーを虐めまくる仕様なのでそんなに心配要りません。国によっては昼間でも常時ヘッドライト点灯が義務付けられている国もありますし、日本より遥かに寒い国もあり、さらに日本のように片田舎でも夜はけっこう明るい国は珍しいので、夜の駐車はパーキングライト点灯も当たり前なのです。さらに、エンジンを切った後、オーナーの帰り道を照らすためにしばらくヘッドライトを点灯させたり、また、エンジンを切ったあともクールダウンのためにコンピューターがいろいろ制御していて、例えばPoloGTIの場合はターボタイマー代わりにしばらくラジエーターファンが回っています。そんなわけで国によって日本より遥かにバッテリーに過酷な状況を想定しているため、欧州車のバッテリーはとんでもなくタフらしいので、私の使用環境ごときでは何の問題もありません。バッテリーを虐めまくる仕様と引き換えになかなかの燃費を叩き出すのです。その代わり二年に一回はバッテリー交換必須で、バッテリー代がとんでもなく高い(4万円くらい?)ので、ガソリンを節約できても心理的に財布に痛いような気がしてなりません。
IMG_1055

インターネット投票は可能なのか?

インターネット投票は可能なのか?
選挙においてインターネット投票は可能かどうか、賛否両論がありますがここは持論を展開します。まず、インターネット投票自体に何の問題も無いかと。現状、投票用紙は自宅に送られて来て、その投票用紙を持って投票所へ行けば、ロクに本人確認も行わず投票用紙が渡されるため、よほど年齢が違うか、性別が違わない限りは別人が投票してもわからない状態です。これはこれでかなり問題があるわけですが、現状のアナログな投票方式でさえこんなザルな状態なわけなので、投票用紙さえ本人の自宅に届いていればいいという条件を満たしていれば、投票用紙にマイナンバーカードと紐付けた暗証番号を割り振って、QRコードやブラウザからURL直打ちで投票用の暗号化されたセキュリティの高い選管のウェブサーバーへ繋いでマイナンバーと投票用紙の暗証番号を打ち込めば投票できるようにすれば何の問題も無いかと思います。心配なのはマイナンバーだとその人の投票先が知られることですが、誰に、どの政党に投票したかはさらに暗号化すれば最早選管のハッカークラスの人にも分かりません。また、今はマイナンバーカードさえあればコンビニのコピー機のカードリーダーで照合して暗証番号を打ち込めば印鑑証明や住民票も発行できるため、コンビニ投票すら可能では無いでしょうか?よく、インターネット投票はクラッカーにハッキングされたら危険だとかサイバー攻撃を受けたらどうなのだとかいう声が上がりますが、一般的に役所のサーバーなんて毎日山のようにものすごいサイバー攻撃を受けているので、そういう意味ではさして心配はありません。むしろ従来のアナログな投票よりマイナンバーカードに紐付けた方が不正投票がやりにくいし、安全で手軽に投票できるならば投票率が上がることも見込めるし、まずはどこかの自治体で試験的にやってみてもいいかと思われます。こういうことに断固反対するような人達は、投票率が上がったら困る人達や、選挙に関心の無さそうな集合住宅から投票用紙を盗んでなりすまし投票をしている一部の政党・その支持者だけじゃないでしょうか?前回のブログでは若者の投票率を上げたい話をしましたが、インターネット投票によって若者だけでなく全体の投票率が上がるのであれば積極的に導入すればいいと思います。ただし、従来の投票方式は絶対に廃止できないので、過度期はかなり費用がかかりそうで、それが一番大きなハードルになりそうですね・・。
※画像は適当に拾ってきたフリー素材です。
index










どうすれば選挙の投票率を100%にできるのか?

さて、先の選挙でいわゆる民意が選挙結果に反映されました。衆院選挙で18歳投票は今回が初めてでもありました。さて、選挙結果や特定の政党、政治理念や思想はともかく、今回の選挙の投票率は53.6%と、台風を考慮してもとても低い水準でした。選挙に行かない人は行かない自由を行使しただけなのでそれについて文句はありませんが、その代わり重税を課されようがどうなろうが一切文句を言ってはなりません。って、それもさておき、どうすれば投票率を100%にできるのか?と考察してみます。先に結論を出すと100%にするのは100%無理です・・・はい終わり!で終わるのもアレなのでもう少し考えてみます。なぜ100%が無理かというと、戸籍上だけ生きている人にも投票用紙が配られるからです。はい、これで無理ですね。戸籍上生きていることになっている人がたくさん居る理由はいろいろあります。次に、海外住みの人。海外住みでも投票できますが、 在外選挙人証が必要で、まずはこれを取得する申請からはじめなければならず、在外選挙人証を取得してもいろいろ面倒なことをしてやっと投票できるため、極めて選挙に関心があり、何が何でも全ての選挙に投票するのだ!という使命を感じている人以外は心が折れて、海外在住の間は投票を諦める人が多いです。それでも投票して欲しいですが。あと、身体が不自由でおいそれと選挙に出かけられない人。これは自治体によってサポートが手厚かったりそうでなかったり。このように、選挙に行きたくてもハードルが高い人や、この世に存在しない人を考えると100%は不可能なのです。では、普通に選挙に行けるくせに正当な理由無く行かない人に何らかのペナルティを与えるという案がたまに出ますが、既に選挙に行かないだけで「どうなっても文句は言いません。好きにしてください」という意思表示で自分で自分に罰を与えているようなものなので、放っておけば良いのですが、ただ、若い人には絶対に投票に行って欲しい!誰に入れていいかわからなかったら白紙投票でいい。なぜなら、誰が誰に投票したのかはもちろんわからないシステムですが、「誰が」ちゃんと投票に行ったのかはきっちりと記録、統計されており、政治家は投票率の高い層に顔を向けて政治をします。今は高年層の投票率が高いため、若者は蔑ろにされ、ますます少子高齢化が進むなかで若者がまともに生活すらできない世の中になってしまうのです。だから、若者ほど投票率を限りなく100%に近く選挙に参加して欲しいのです。そう言う私は若者ではありませんが、次の世代の若者へ託していかなければならない中、今の若者世代には一人一人しっかりと自立した盤石の生活基盤を築いてもらわないと、もう日本国民全員共倒れとなります。せっかく選挙権が18歳に引き下げられたので、若者はとにかく選挙に参加しろ!年寄りは放っておいても投票に行きます。なぜなら、年寄りはまだまだ甘い汁を吸いたいからなのです。表題から話が逸れまくりましたが、これが本題でした。そしてこの話は決して大袈裟ではありません。インターネット投票についてはまたの機会に。

VW POLO GTI 4週間乗ってみて

POLO GTIが納車されて約一ヶ月。これまでに感じた感想等を述べます。とりあえず、納車されてすぐに不具合があったのが助手席側のシートベルト。
シートベルトを引っ張ってもやたら固く、けっこう力を入れないと引き出せない上に、元にもどる力が弱いので手でスルスルと伸ばしてやらなければいけない。
ディーラーに見せたところ、シートベルト部分をまるごと交換が必要とのことで、この作業に1.5時間ほどかかるとのこと。一ヶ月点検時にやってもらうことに。
さらに、ナビ部分(ディスカバープロと言った方が正しいのかな?)にも不具合があり、スマートフォンのブルートゥース接続ができず、ハンズフリー通話すらできないといった不具合もあります。iOSデバイスであるiPhoneもAndroidデバイス両方ともに接続がうまくいかないため、原因を調べるためにはOBD2端子から車のデータを抜き取る作業が必要なためこれも一ヶ月点検のときにやることになります。
一昔前であれば外車なんて最初から不具合があって当たり前なんて笑い話で済みますが、今時はそんなことは笑い話にもなりません。
シートベルト部分の不具合は単に部品がハズレだっただけで、アナログ的な問題でしたが、ブルートゥース接続不具合はこれから原因調査ををしてどんな結果となるか待つしかないわけですが、これも日本向け輸出の際のコーディングでおかしくなったのか、ナビ部分を担当したクラリオンのファームウェアに不具合があるのかさっぱりわからないため、今時の車は電子制御系の何か不具合があった場合は何がどのように紐付いているのか調べるためにはいちいちデータ抜き取りが必要で、調査に時間がかかるというのが面倒くさいですね。※のちにナビを丸ごと交換して解決しました。
番外編の初期不具合としては納車前にディーラーが懇意にしている電装屋さんにVIPERというセキュリティ装置の取り付けをお願いしていたのですが、そのときにナビと接続できるUSB端子が外れてしまっていたという失敗をやらかしてくれており、これは納車一週間後にディーラーで復旧させてもらったのですが、丸一日かかりました。
そんなわけでいきなりいろいろとマイナスな部分からスタートしたGTIですが、やはりMT車は試乗車のDSGより圧倒的にトルク値が高い32.6kgで、しかもトルクカーブがカーブというより水平のように長いのでまるでディーゼルエンジン、はたまた電気モーターかというほど扱いやすく太いトルクでシートに押し付けられるような加速をしてくれます。油断するとタイヤのグリップが加速に負けます。このものすごい加速感はWRXのSTIやランエボ並みの凄まじさがあります。また、MTでありながらもクルーズコントロールが付いているため、高速で100km/hにセットしておけば100km/hを保ち続けてくれます。ただし、オートマのようなアダプティッククルーズコントロールではないため、前走者と車間が縮めば一旦ブレーキを踏んで解除してやるか、ステアリングのボタンで90km/hや80km/hへセット速度を落としてエンブレでじんわり速度を落としてやる必要があり、エンブレの効きが足りなければシフトダウンもする必要があります。なにせ、ブレーキ踏むと解除されてしまうので。
で、このクルーズコントロールを6速に入った状態を維持しながらステアリングのボタンだけで加減速するのに慣れてくると、左手の親指だけで車の加減速をコントロールすることになるのでまるで昔ハマったレーシングシミュレーター「グランツーリスモ」をやっているようで、ゲームコントローラーで動かしているような気分になります。80km/hから100km/hにセットし直した時、右足はアクセルに触れていないのにグーンと加速する感じがなんともいえない違和感とクルーズコントロールの新鮮な感覚両方を味わいました。
さて、乗り味ですが、こいつは1.8リッター直噴ターボで最大192ps、MTで最大32.6kgのスペックを持ちます。この車のインプレッションで多くの自動車評論家が「ターボを感じさせない自然な加速感」とか感想を述べていますが、そんなことはなく、DC5インテグラタイプRのK20Aという宇宙一の2リッター珠玉エンジンに乗っていた者としては思い切りターボ車そのものだとわかります。まず、1速に入れて発進した瞬間がすこしかったるい。2速、3速へシフトチェンジをするたびに立ち上がりがかったるい。ターボが効き始める回転数からとても力強い加速力を発揮し、それがいわゆる「ドッカン」ターボでないから評論家は「ターボを感じさせない」と述べられるのだろうけど、何速に入っていようともどんな回転数からでも鋭くピックアップするお化けNAエンジンであったインテRから比べるとやはりターボ車であることは明確です。でもそれぞれのギアで立ち上がりがかったるいというのはあくまでも低速でじんわり加速しながらのときだけであり、速度と回転数が一定以上乗っているときはパワフルで楽しいエンジンです。また、高速道路ではクルーズコントロールネタばかりでしたが、追い越しをかけるために一瞬の加速が欲しいとき、インテRは3~4速くらいまで落とす必要がありましたがGTIは6速のままアクセルを踏み込むだけで追い越しをかけるに充分な加速をしてくれ、もっと一瞬の加速力が必要な場合はせいぜい5速へ1段落とすだけで気持ちよく追い越しをかけられます。こういったところは本当にラクで、まさにGTIの名を冠する通りGTカーなのです。
足回りは固めながらもショックをしなやかに吸収するという欧州車というかドイツ車の王道を行くような味付けで、「SPORT」モードのスイッチを押せばさらにガッチリとスポーティな固さになり、ワインディング走行の際小気味いいハンドリングとなります。
しかし、この車にはMT限定で致命的な欠点があります。アクセル・ブレーキ・クラッチの位置が左に寄り過ぎで、クラッチと左足のフットレストのクリアランスがほぼゼロのため、左足を置いておくにはクラッチの下をくぐるように足を動かし、シフトチェンジでクラッチを踏む度に左足をくぐらせないといけません。そうなると街中で頻繁にクラッチ操作をする際はクラッチの上に軽く左足を乗せるような形でスタンバっておく必要があり、これがとてもストレスになります。※この問題は幅の狭い靴を履くことにより低減されています。インテRの時はアクセル・ブレーキ・クラッチが右寄りだった上に、大きな左足フットレストがあったためとても快適な運転操作ができたのですが、GTIの場合はオートマありきで設計された為なのか、設計的にクラッチの後付け感が否めず、左足フットレストの狭さは慣れることはなくずっとストレスになりそうです。で、この左足フットレスト問題を避けるために左足を少し曲げてクラッチの前に左足を置くやり方に落ち着きましたが、それでもやはり違和感があり、これはもう完全に設計ミスじゃないかと文句を言いたくなります。MT率が圧倒的に高い欧州車のくせになんでこんな基礎的な設計ミスをするのか不思議でなりません。え?じゃあなんでそんなストレスになる車を買ったのかというと、試乗車にMTが無かったのでまさかこんなことになっているなんて知る由もなかったというわけなんですよ!
逆に99.9%オートマしか売れない日本の日本車メーカーはこんな基本的な設計ミスはしないであろうかと・・・
とりあえずPOLO GTIを一ヶ月近く乗った最初の感想はこんなもんです。どちらかというと不満や悪口の方が多かったですが、良いところもたくさんあるのでまた追ってレポートさせてもらいます。

↓さて明日が一ヶ月点検。オドメーターは1900km超えた。                                                                           

IMG_1013

















新しい相棒、GTIで1300キロの慣らし運転をしてきました!


新しい相棒、 PoloGTIで合計1300kmのロングドライブをしてきました。この車、高速道路でのクルージングは非常に楽ですね。MTなのにクルーズコントロールが付いているので6速で100km/hでセットしておけばずっと保ってくれます。もちろんブレーキを踏んだら解除されますし、急な下り坂はエンブレかけるためシフトダウンが必要です。DSGのようにACC(アダプティック・クルーズ・コントロール)ではないので注意が必要です。阪神地域から夜中の二時に出発し、群馬の榛名山をファーストターゲットとし、あとは群馬県内をブラついて一日目の宿のある長野県佐久市へ向かう予定です。で、榛名山でサプライズがありました。DC5愛好家仲間(私は今でもDC5を愛しています)の方が私の群馬訪問に会わせて榛名山頂の榛名湖まで来てくださったのです。車2台だけ、しかも私の車は乗り換えたDAJ6Rですが車を並べてプチオフ会。ほんの少し語らうつもりがついつい長話となり、私がいつまでもDC5を眺めていたかったので寒い中ついつい引き留めてしまいました。ごめんなさい。でも、今回の旅の最高の思い出となりました。その後、例の暴走豆腐配達コースのモデルとなった道を降り、伊香保温泉を過ぎたところで暴走豆腐配達漫画のコンセプトショップを発見し、豆乳プリンを買いました。その後、高崎市経由で松井田まで戻り、横川駅から国道18号碓氷峠旧道を通って長野県佐久市へ向かいました。ものすごい濃霧と雨でしたが、碓氷峠は5年前も通っているので霧で視界が悪いながらも懐かしく通りました。佐久市のホテルで一泊。夜中までずっと大雨でした。二日目。雨はなんとか止み、新潟方面へ下道でひたすら進み、上越市からずっと日本海側を走りました。しかし、二日目の宿を取っている石川県加賀市へは下道だけではいつまでもたどり着けないので富山の立山あたりから高速に乗ってワープ。無事加賀市の宿へ到着。シングル予約なのにホテル側の都合でツインルームへ変更されており、広々使えてラッキーでした。そして三日目。加賀市から福井県、滋賀県と順調に進み、京都から高速に乗って無事帰宅。合計1300キロほどの大徘徊でした。はっきり言って、どこも観光していません!ただ車の慣らし運転に過ぎませんでした。さて、今週の土曜はGTIの一ヶ月点検。オイル交換はたとえ新車からでも2万キロは不要とのことですが、精神衛生上一ヶ月点検の節目でやっておこうかと思います。さて、GTIの乗り味や性能等についてはまた別途ご報告します。

以下ギャラリー

夜中に延々と高速を移動し続け、長野県内の小さなPAで初めての休息をとります。
IMG_0848


















長野で一旦高速を降りてビーナスラインへ向かいます。
IMG_0849


















標高も高くなって来ました。
IMG_0851



















一車線しか無いトンネルの信号待ち
IMG_0853

















再び高速へ乗り、横川PAで休息。松井田妙義ICはもうすぐ。
IMG_0856 IMG_0857




































榛名山の頂上へ到着。
IMG_0877IMG_0883IMG_0886





















































なんとここでサプライズ!群馬県在住のDC5インテRオーナーさんが
榛名山の榛名湖まで来てくださいました!プチオフ会開催。
fullsizeoutput_524









そのあと、伊香保温泉まで降りるも雨に見舞われる。
伊香保温泉近くに例の店が!
IMG_0915 IMG_0899 IMG_0902 IMG_0903 IMG_0905 IMG_0907 IMG_0910





























































































































渋川市内から高崎経由でふたたび松井田、
横川駅から碓氷峠旧道を経て長野県佐久市の宿へ到着。大雨と霧で移動が大変でした。
IMG_0924 IMG_0926 IMG_0928

















































































ホテルを後にし、新潟へ向かう。
新潟県突入!
IMG_0934

















日本海側へ到達
IMG_0936 IMG_0937



































旧北陸本線跡が遊歩道になっていた。
IMG_0951

















糸魚川到達。ここから交流電気の周波数が変わる。
IMG_0956


















次の宿までまだまだ遠い。
IMG_0957



















富山から高速へ乗って石川県加賀市まで一気にワープ。
今夜の宿に到着。
IMG_0965 IMG_0963 IMG_0968





















































ホテル側の都合でツインルームを独り占め。
IMG_0966






















よく晴れた!大阪方面目指すぞ!
IMG_0971



















福井といえば眼鏡。
IMG_0972



















敦賀は何度か来ていますが、もう16年ぶりくらいか?
IMG_0985 IMG_0987 IMG_0990



































































この家、廃屋になっていた・・・
IMG_0995






















さてあと少し。楽勝楽勝。 
IMG_0996



















琵琶湖が見えたら、ほらもう地元同然。
琵琶湖。国道、平和堂、JRの駅という黄金の組み合わせ。
IMG_0997



















京都から高速に乗って桂川PAで最後の休息。
IMG_0998


































加賀市からの燃費は17.1km/lでした。
IMG_1002



















以上、お疲れ様でした!





Twitter プロフィール
ぼっちリーマンのアホなつぶやき
カー用品
最新記事