エンジン全開

役に立たないつぶやき→https://twitter.com/27000rpm

ご意見ご感想
27000rpm@gmail.com

2015年05月

HIDバックランプは車検に通るのか?

車検において、バックランプの合格基準は下記のように定められています。

「後退灯は、昼間にその後方100m の距離から点灯を確認できるものであり、かつ、その照射光線は、他の交通を妨げないものであること。この場合において、その光源が15W 以上75W 以下で照明部の大きさが20cm2 以上(平成17 年12 月31 日以前に製作された自動車に備える後退灯にあってはその光度が5000cd 以下(主として後方を照射するための後退灯にあっては300cd 以下))であり、かつ、その機能が正常であるものは、この基準に適合するものとする。」

私の車は平成17年12月31日以前の車なので、光源が5000カンデラ以下ということになります。で、私の車のバックランプは15WのHIDに換装しており、どう考えても合格しないはずなのですが、ディーラー車検で2回パスしています。ディーラー車検って、町整備工場の車検より厳しく、ちょっとしたお目こぼしはしません。なのに合格しているということは、おそらくヘッドライト(前照灯およびすれ違い前照灯)以外の燈火類は目視点検で済ませている可能性が高いです。なので過去2回パスしたからと言って次回もパスするとは限りません。バックランプをHIDにすると、夜間の駐車時にとても威力を発揮します。また、私はフォグランプをHIDに換えている基地外は漏れ無く全員死んで欲しいのですがバックランプはHID推奨です。ただし車検に通る保証は無いし、安物中華製しかないので自己責任だし自分で責任持って扱える人限定です。もし替えるならヒューズを15A以上、できれば20Aくらいに容量アップしておくことをおすすめします。入手方法は・・・自分で調べてくれ!「しまりす堂」でググってもいいよ!




おすすめのブロードバンドスピードテスト測定サイトは?

本日も深い理由もなくブロードバンドスピードテストをしてみました。回線はeo光の1Gコース。土曜の20時台という回線の混みあうゴールデンタイムに果たしてどれだけのスピードが出るのか!?というわけで、以下が結果です。

=== Radish Network Speed Testing Ver.3.2.2 - Test Report ===使用回線:eo光ネット ホームタイプ(1ギガコース)測定地:兵庫県西宮市------------------------------------------------------------測定条件 精度:高 データタイプ:圧縮効率低下り回線 速度:344.5Mbps (43.06MByte/sec) 測定品質:60.6上り回線 速度:228.8Mbps (28.59MByte/sec) 測定品質:85.3測定者ホスト:***************.hyg*.eonet.ne.jp測定サーバー:大阪-新町測定時刻:2015/5/30(Sat) 20:37------------------------------------------------------------
下りの測定品質があまりよろしくないですが、344.5Mbpsとまずますのスピードです。1秒間に43メガバイトダウンロードできるスピードです。ギガクラスに対応したスピード測定サイトの中で比較的人気のあるここで測定しています。

シフトノブをカーボンに替えた結果

5月だというのに何という暑さでしょうか。余裕の30℃超えです。このペースで行ったら8月には60℃くらいになりそうですね。いやマジで。さて暑くなってくると車の中は灼熱地獄になります。エンジンかけてエアコンが効いてくるまでうっかり車内のものにも触れないです。私の車は純正シフトノブがアルミ製なので夏場は左手が焼き肉になる勢いでした。でもとても手にフィットし質感やデザインが気に入っていたのですがさすがに10年以上使っているとだいぶくたびれたのでカーボン製シフトノブに替えておりました。
これ、今日のような灼熱の車内でも左手が焼き肉にならずに済みました。でもデザインはアルミも捨てがたいなあ‥
IMG_0219IMG_0221IMG_0222

街中で交通事故を目撃した!どうすべきか?tweetしておく?

今日、車を運転中、片側二車線中央分離帯有りの交差点で右折の信号待ちをしているとき、反対車線がなにか様子が変なので何事かと注視したら交通事故の直後でした。車とバイクの接触と思われ、バイクの人が倒れていました。倒れている人は車の陰の部分で二次災害の心配は無さそうで、集まっている人々が救急車や警察を手配していたようなので怪我人の安否が気になりますがそのまま右折しました。どうか無事を祈るばかりです。その一瞬、私はとても嫌なものを見ました。怪我して倒れている人とバイクを薄ら笑いを浮かべながらスマホで撮影していた大馬鹿者がいたのです。たぶん、ツイッターフェイスブックミクシィetc..のSNSに「やっべ!事故った瞬間見ちゃった!怪我人動かないなう!」とでも投稿している可能性が高いです。(憶測で言っていることを先に深くお詫び申し上げます。後述する内容をエラそうに言えないから先に謝ります)
不謹慎なのもありますが、もしそうなのであればとても残念なことです。もしあなたがそういう場面に出くわした場合、まず速やかに現場確保して二次災害を防止する。怪我人の安否を確認する。救急車を呼ぶ。警察を呼ぶ。周囲に人がいれば協力してもらう。現場確保というのは怪我人はヘタに動かしてはならない場合があるので怪我人を動かすより三角版を出すなり目立つモノを路上に置いて周囲に異常を警告し、二次災害を防ぐ手立てをすることが正解です。加害者となってしまった人も怪我しているかも知れないし、何より冷静な人が手配するのがベストなのです。さて話は戻りますがいくら他の人が既に大事なことを手配済みであってもスマホでSNSに投稿するような真似は絶対にしてはいけません。「何故SNSに投稿してはいけないのか?マスコミだって報道するではないか!」という意見もあると思います。しかし、マスコミは報道のプロです。彼らは報道することで収入を得ている(収入は広告費が大半ですが)ため、自分たちの報道内容に責任を持っています。なので、間違いがあれば訂正するし重大な誤報道があればお偉いさんのクビのひとつやふたつは飛びます。そして、彼らは報道する内容に必ず裏を取って慎重に情報と言葉を選んで報道します。それがプロなのです。「スポンサーの言いなり」 「記者クラブ」「マスゴミ」「捏造」「変態記事」「偏向報道による思想の誘導」とネガティブなことは数え上げたらキリがありませんがここは一旦忘れてください。
(ちょっとの間だけ大人になってくれよ!)
だがしかし!SNSに投稿しているお前ら!お前らは自分の投稿に責任が持てますか?勝手に投稿された側の気持ちを考えていますか?SNSは世界中の誰でもみることができるのを忘れていませんか?そして、「ネットの情報はマスコミの情報より正しい」と錯覚しているアホが大量にいることを認識していますか?もし、被害者怪我人その他もろもろの人たちにSNSに投稿していいですかと許可を得ているならまだしも、ネット上で目立ちたい、有名になりたい、リツイートされたい等身勝手な理由で無責任にSNS投稿するのは絶対に止めましょう。さて、そう言っておきながら私自身、薄ら笑いで撮影していた人が「SNSに投稿している」と決めつけているので全然説得力がありませんが、それは先に謝っているし、私は報道のプロじゃないし。でもね、本当のところそういったSNS投稿を見た人の大半は投稿者に対して「こいつアホやなあ」と思っているのでそういう意味でも不謹慎なSNS投稿は止めましょう。たとえ怪我人の心配をするような内容であっても大差ありません。目の前のスマホを使ってできることは救急警察への電話と、「応急救護」をググることなのです。

サラリーマンは適度なアホが最強か!?

サラリーマンであれば出世したいと思う人が大半ではないでしょうか?出世に興味が無いとか出世したく無いなんて人の言い分は責任が増えるからだとか部下のマネージメントが面倒だからと本当に出世したくないと思う人も一部はいます。でも、そんな人はさっさと人員整理でクビになるので本人の希望通り一生出世することはありません。良かったね!何故なら、出世して部下を持ち責任が増えたり部下のマネージメントをすること自体、「仕事」だからです。転勤異動で業務内容が変わるのと大して変わりはありません。会社から命じられた仕事を拒否できるなんていいご身分ですね。それに、出世すればブラック企業でも無い限り、それに見合う給料も貰えます。さて、本題です。「出世」「アホが最強」というテーマですが、このテーマだけで沢山のネタがあるのでそれは後日書かせていただくとして、サラリーマンにおけるアホ最強伝説を唱えてみます。といってもあるあるネタ程度に捉えてください。なんであんなアホが俺より先に出世するんだ」という思考は毎日日本中のサラリーマンが述べ何億回と呪っていることでしょう。アホが出世する。これって、なんの不思議もありません。パレートの法則をサラリーマンの組織に当てはめると上位2割中位6割下位2割となります。その中で、上位2割、さらにもっと上位のガチで優秀な人は取締役級以上に上り詰めます。だって、優秀だから。そして下位2割。このガチで落ちこぼれな人たちもともとは一生出世と縁がありません。そう、私のように。ここからが大事な話です。では、ほとんどの人が役職定年までになれそうなポストって、部長級が最上位でしょう。この辺りを中位になる6割の中から上級中間管理職〜下位管理職の椅子を奪い合います。するとどうでしょう!この6割の中で比較的下位の人から出世していきます。なぜなのか?この理由は追々書かせていただきます。(察しのいい人はだいたいわかっているはずだ!)とにかく、一般的にサラリーマンは適度にアホなのが最良なのです。アホは深く考えないので上司のいいなりになるし、アホは深く考えないので任された仕事に疑問を持ちません。自分の思い通りになるアホほど上司からすれば使いやすいものはありません。そういう人が出世して上司になり、また自分と同じような者を抜擢するのです。もちろん、タダのアホではなく保身に関しては人より長けているので腹黒い。なので、自分の脅威にならないアホを好みます。腹黒かったら脅威になるやんと思われますがアホなので部下の腹黒さまでは見抜けないからです。こうして、腹黒いアホが自らのコピーを量産するのが日本の会社組織です。ただし、ガチで優秀な人は誰が見ても文句なく優秀なのでむしろ昇進させない方がおかしいのでこれはもう別枠となります。それがトップクラスまで行く人たちです。今回書いた内容に異論は多いかと思いますが、重箱の隅をつつくのではなくあくまでも一般論です。アホ最強伝説はまだ序章なので機会があれば他のジャンルでアホ最強伝説を唱えます。
Twitter プロフィール
ぼっちリーマンのアホなつぶやき
カー用品
最新記事