エンジン全開

役に立たないつぶやき→https://twitter.com/27000rpm

ご意見ご感想
27000rpm@gmail.com

ホンダのS660に試乗してみた!動力性能はどうあがいても所詮は軽(笑)!だがしかし!ロータスエリーゼを買うならこれを買え!

本日は以前から気になっていたホンダのS660を試乗してきました。

エンジン S07A型 660cc 直3 DOHC
駆動方式 MR
最高出力 47kW(64PS)/6,000rpm
最大トルク 104N・m(10.6kg・m)/2,600rpm
変速機 6速MT / CVT
サスペンション マクファーソン・ストラット(前・後共)
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,180mm
ホイールベース 2,285mm
車両重量 830-850kg


試乗車が置いてあるホンダカーズ某旗艦店に急に電話で試乗を申し込んだにも関わらず、快く試乗を承諾してくださいました。実は、昨日行って来た大阪オートメッセでS660のシートに座ってみて、まるでゴーカートのような目線の低さに驚き、これはすぐにでも乗ってみたい!と思い立った次第でございます。名刺もくれなかった営業さんがナビシートに乗り込み、早速エンジンスタート。完全なコールドスタートだったのでせめて1、2分はアイドリングしてからスタートしようかと思っていたら名刺をくれなかった名前も知らない営業さんに早く車を出すように促され、慌てて車道に出ました。さすがMR、後ろからエンジン音が聞こえて来ますね。シフトチェンジしたとき、「ピシャン」とリサキュレーションバルブ(純正だからブローオフバルブと言うと語弊があるかな?)の音がしたので心の中で「おお!カッコいい!」と叫んでしまいました。また、軽サイズなのにクラッチとフットレストの間の距離も充分で、私のように足が大きくデカい靴でも運転しやすい感じで、好印象でした。アクセルを踏んだときのピックアップの感じもさすがホンダ車といった感じでターボ車にしてはリニアで、MRなのでトラクションがしっかりかかっている感じはAWDに似た安心感がありました。しかし!体感できたのはここまでで、所詮は街中のチョイ乗り。この車のウリである旋回性能やブレーキングは全く試せず仕舞いでした。そう、いくらハイパフォーマンスにチューニングしていようとも加速性能は所詮660ccの軽。 いくら車重が900kg切っているからといってもパワーなんてまったく期待できません。この車を真に楽しむには、如何に高い速度を保ったまま旋回するかがキモであり、それを試してみるにはワインディングにでも持ち込まないと真価を発揮できません。よって、今日の試乗はただの街中ドライブに過ぎず、名刺もくれなかった名も知らない営業さんは「購入時期はいつ頃でお考えですか?」「セカンドカーとしての購入ですよね?」と名刺もくれないくせにずっと隣で念仏のように唱えておられました。まあ確かに、こちらも最初から完全に冷やかしで買う目的では無いことは確かで、悪いとは思ってはいますがS660、しかもMTの試乗車が置いてある旗艦店なので近隣の都道府県からも冷やかし試乗に来ることくらいわかった上で試乗車を置いているわけでしょう?と、ちょっとだけ心の中で意見をしました。いやでも試乗させていただきありがとうございました。もし次回乗れる機会があれば六甲山あたりを気持ちよく走らせてみたいものです。ん?結局なんのインプレッションにもなっていないですが、私のような推敲もしない誤字脱字上等の三流作文を読んでくださる優しい方々はこれからも暖かく見守ってくださることでしょう。
そういうわけでなんの参考にもならない結果に終わって申し訳ございませんでした!
m(_ _)m

しかし!特筆すべきはブレーキがブレンボ系のガッツリ踏んだら踏んだ分だけの効きをみせる味付けはさすがはホンダ!日本車ほぼ全てに共通するいわゆる「フニャ」ブレーキで無いだけでも私としてはスイフトスポーツより好印象でしたよ!
名称未設定 1
















NHKから脅迫状が届いた!言いたいことがあるなら弁護士でも連れて菓子折りでも持って来い!来い!

NHKから「放送受信契約のお願い」という名の脅迫状が封書でポストに入っていました。さっそく中身を開封すると、放送受信契約を結べという内容の文章が記述してあり、放送受信契約書と住所変更届等が同封されていました。受信設備をお持ちで無い方は今後受信設備を設置した場合は契約書を送ってくださいと書いていました。そう、ここまでは問題ありません。放送法64条第一項にて、協会(NHKのこと)の放送を受信できる受信設備を設置した者は、協会とその放送についての契約をしなければならないと書いてあるのでNHKを視聴したいのであれば契約しなければなりません。ニュースや天気予報、天変地異・災害時にはそれに関わる情報提供をし、また教育テレビでは教育の為の放送をしており、また商業スポンサーからの金銭の提供を受けず、一般視聴者から徴収した視聴料で賄っている、一応は公共放送局の体をなしているのがNHKです。公共放送とか言いつつ偏向報道だとかくだらない大河ドラマや朝ドラ、バラエティに金をかけるなとかいう意見もありますがここではそれを問題にしません。そう、NHKを観ているのであればちゃんと契約して受信料を支払いましょう。平成29年の最高裁判決で放送法は「契約の自由」に反する憲法違反では無いかという問いに対し、合憲であるという判決が下されました。これでとりあえず放送法64条というのは違憲ではなくなったのです!
さてここからが本題!
なぜこの封書が「脅迫状」といえるのでしょうか?それは、NHKが下記放送法64条の部分からNHKにとって都合のいい部分だけを切り取って、受信設備があるだけで全員契約の義務があるかのように錯誤させる嘘を記述し、さらには「それでもなお、ご理解が得られない場合、やむを得ず、法的手続きによりご契約・お支払いをいただくことになります」と記述されています。普通の人がこういう文言を見たら恐怖をおぼえますよね?でも、法的手続きどうのこうのについては後で解説します。

第64条 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第126条第1項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

放送法の受信契約義務については但し書きがあり、放送の受信を目的としない受信設備についてはこの限りでは無いと明言されているのです!どういうわけかというと、たとえば家電量販店で展示されているテレビ、あれはちゃんと実際にチューナーに受信信号を繋いでNHKが受信できる状態になっていますが、あれはあくまでもテレビを売るための展示であり、NHKを観るための目的ではないので受信契約義務は発生しません。そう、この但し書きの内容は「NHKを観ないのであれば受信契約義務は無い」という解釈となり、「受信設備を設置していても、放送の受信を目的としない受信設備は契約義務が無い」ということになるのです!そう、放送法64条というのはあくまでも放送の受信を目的とした設備を設置した者に対し、契約義務が生じるのであって、受信設備を設置していてもNHKなんか観ることを目的としていない場合は契約の義務すら無いと、放送法64条そのものが太鼓判を押しているのです!

これに対し、NHKからポストに投函されていた封書の中身は64条の但し書きを無視し、さも必ず契約しなければならないかのように錯誤させ、また「法的手続きを取る」と、普段法律とかに馴染みの無い人にとっては充分な恐怖感を与え、必死に契約させようとしているわけです。そう、文章の内容がどんな書き方であっても相手に恐怖感や不安感を与えるような文言は充分「脅迫状」といって差し支え無いわけです。


しかし、ご安心あれ!

何故NHKが急にこんな封書を絨毯爆撃して躍起になっているかというと、平成29年の放送法64条合憲判決は、事実上NHKが全面敗訴しているようなものなのです!
どういうことかというと、放送法64条そのものは違憲じゃないけど、NHKの「受信設備を設置した瞬間に遡って支払い義務が生じる」という主張は
木っ端微塵に退かれ、「法的に受信契約義務を生じさせるためには設置者全員個別に裁判を起こし、勝訴した段階から契約義務が生じる」という内容だったので、今後NHKは受信料を払わせたかったら設置者全てに対し、放送の受信を目的とした受信設備を設置していることを証明しつつ、裁判を起こして時間をお金と手間暇かけて全員を相手にしなければならなくなったわけです!

そういうNHKにとって都合の悪い部分を隠して文章を読んだ人を不安に陥れ、錯誤させて契約を強要するような行為はまさに脅迫そのものといっても差し支えありません!なのでNHKを観ていないのに受信料を払いたくないという人はNHKに裁判を起こされてもし敗訴した場合のみ、払って差し上げればいいのですが、そもそももしも敗訴した瞬間にテレビ(受信設備)を破棄すればもはや一銭も支払う必要すらなくなります。何せ、敗訴してから支払い義務が生じるからです。そもそも、但し書き部分があるのでそれをもって応戦すればいいのです。また、テレビ(受信設備)が無いと嘘をつくのはいけない行為ですが、たとえ捜査員であっても裁判所の令状が無ければ他人の家に勝手に入ることは許されていない(110番を受けた警察官が被害者の身の安全を守るために窓を割ってでも立ち入るとか緊急的なものや税金不払いの差し押さえ等、一部特殊な行政機能の例外はありますが)ため、受信設備が設置されていることの証明すらほぼ不可能なのです。

そういうわけで、今後NHKの委託会社の人が訪問してきたら「お帰りください」の一辺倒で通してください。しつこいようであれば110番しましょう。帰ってくれと言っても去らないのは不退去罪という立派な罪です。平成29年の判決でNHKは苦しい立場になり、今後ありとあらゆる方法でNHKを観たくも無い善良な国民を脅し空かすと思いますが、決して負けないでください!

但し!NHKを視聴している人はちゃんと受信料を払いましょう!当たり前のことです!

NHKはゴチャゴチャ言ってスクランブルをかけたがりませんがそれはNHKの勝手だし、そもそも観ない人はスクランブルをかけようがかけまいが観ないのでここではあまり関係ない話となります。

IMG_1738IMG_1745












































仮想通貨とはどういうものか?そもそも仮想通貨って何?え?通貨って?

※今回は仮想通貨について考察しますが、現代定義の「仮想通貨」と広義の仮想通貨をごっちゃまぜにしてしまうので、最早書いている本人も何を言いたいのかわからなくなるというまさに三流ブログのお手本のような内容です。

仮想通貨の代表格といえるビットコインをはじめ、今はどこもかしこも仮想通貨仮想通貨って騒いでいますが、そもそも仮想通貨ってなんぞや?仮想通貨の定義は?ということを考えてみます。はじめに断りを入れておきますが、ビットコイン等現代で使われている仮想通貨に対する最新の解釈の定義ではなく、そもそも仮想通貨とはどういうものなのか、少し時代を遡って考察してみるお話です。まず、仮想通貨って、ほぼ全ての人が人生の中で見たり触れたりあったはずです。ボードゲームである人生ゲームの札束に麻雀の点棒。あれは立派な仮想通貨ですね。少なくともそのゲームの中では通貨として成り立ち、ゲームに参加している人はそれを「信用」して取引しています。麻雀の場合は単なる記号とも言えますが。そして、ゲームはゲームでもコンピューターゲーム、わかりやすく絞るとRPGに出て来る通貨、あれも仮想通貨ですね。さて、これが仮想通貨が現実世界と混じり合う原始と言えます。ここから誰もが概念的に体感した仮想通貨の歴史が始まると言えるでしょう。
昔ながらのRPGゲーム、基本的に敵キャラであるモンスターを倒すとゲーム内の通貨を得ることができます。シンプルにモンスターを倒すという作業(労働)の対価で得られた「給料」のようなもので、そのお金で宿に泊まったりもっと強い武器や便利な道具を買ったりして、さらに手強い相手からもっと多くのお金を得ることができます。そのRPGの中ではその通貨が「信用」されているからです。で、ネットゲームになるとこれが横に広がって今までオフラインでCPU相手にしか使えなかった仮想通貨が世界中のプレイヤー同士で通貨として流通します。そのオンラインゲームの世界ではそれが「信用通貨」だからです。そのオンラインゲームの仮想世界で何かアイテムが欲しいとき、その中の仮想通貨で購入するか、何かの条件を満たさないと手に入らないレアアイテムは一部の「ネトゲ廃人」か上級者にしか手に入らなく、一般のプレイヤーだってそんなレアアイテムを手に入れたいよ!っということになりました。そこでRMT(リアルトレーディングマネー)問題が浮き彫りになりました。これはオンラインゲーム内のレアアイテムや仮想通貨を本物のお金(リアルマネー)でその所有者から買ってしまえ!ということです。先述の通り、レアアイテムやゲーム内通貨はそのゲームに膨大な時間を費やした人にしか手に入らないので、普段仕事や学校に行っている一般人にはそんなことやっていられない。でもレアアイテムが欲しい!逆にオンラインゲームに膨大な時間を費やしている人は有り余るゲーム内通貨や、たくさん持っているレアアイテムをリアルマネーで買ってくれる相手がいたら、これ幸いと現実世界のリアルマネーで取引をし出すようになり、これは社会問題にもなりました。まずは運営会社のポリシーに反する行為であること、そして金銭のやりとりで詐欺まがいや恐喝等のトラブルも発生するようになり、具体的な法整備をしなければいけないと騒がれました。運営会社のポリシーや詐欺恐喝はともかく、需要と供給が成り立っていたわけなので、ゲーム内通貨やレアアイテム、ときには成長させたキャラクターそのものが現実世界のお金と交換できる価値があったということになるので、まさにそれら仮想のものを「信用」していたと言う点ではビットコインをはじめとする現代の「仮想通貨」の走りであったと言えます。 一度仮想通貨から話を切り離してみます。そもそもお金って何?という話に戻ってみます。我々が普段つかっている通貨、日本でいえば「円」です。これは少なくとも日本国内ではどこに持ち込んでも相手の示す「円」の金額を用意すれば(反社会的なものを含め)どんなものとも交換できます。皆が皆そのお金を信用しているからなのです。その信用を保障しているのが日本政府であり、「円」は日本政府が「マネー」(お金)として保障しているからこそ皆安心して「円」であらゆる取引ができます。いわゆる「不換紙幣」というもので、※明治の昔は金本位制といってその紙幣は金(ゴールド)と交換できることにより「信用」を得る兌換紙幣でしたよね。そして、皆が貯金している銀行の全ての親玉は日本銀行であり、日本円を発行できるのは日本銀行と政府のみです。なのでやたらお金を発行してもインフレだのデフレだのという話になるのでキリが無くここでは割愛します。アメリカではドル、EUではユーロだとかEU加盟国でも自国通貨があったりだとかしますが、とにかくリアルのお金とは政府が「信用」を保障しているわけですよね。そして、各国同士のお金同士で売買が発生するので、これのバランスが円高だとか円安と言われるアレです。
また仮想通貨の話に戻りますが、現代定義の仮想通貨とはそれら政府が介入しない、民間人同士だけで「信用」してやりとりしている通貨であり、たとえばビットコインならそれに100万円の値打ちがあると信用している人同士で取引すればそれはもう「仮想」であっても「通貨」なのです。ではビットコインをはじめとする現代定義の「仮想通貨」はどこから生まれたのか?という話はここでは割愛しますが、ネット上の仮想通貨も無尽蔵に掘り出されるわけではなく、そのうち枯渇するような仕組みになっているからこそ「信用」がついているわけですね。これのトレードで得た利益はいまのところ多分全部雑所得扱いになると思われるので、少なくとも数倍になるまでは手放すと損しそうなのですが、そこのところはよくわからないのでここでは書けません。
随分と話がとっちらかってしまいましたが、仮想通貨というのはこれからもっと一般的になっていきますが、現在はその過渡期なのでうまくいけば億万長者になれる可能性だってあります。完全に一般的になる頃には法整備が為されて旨味は完全に無くなってしまうと思われます。だって、仮想通貨なんだから・・
※今回の記述内容のあらゆる語弊は個人的見解に過ぎないため、読んだ方がどのような解釈をされようとも一切の責任を負えないので悪しからず・・・
※電子マネーは仮想通貨では無いのか?という考えもありますが、あれはリアルマネーを電子化しているだけです。
※しつこいようですが、私は現代定義の仮想通貨についてほぼ無知側の人間です。

※見出し画像はフリー素材です。


Twitter プロフィール
ぼっちリーマンのアホなつぶやき
カー用品
最新記事