エンジン全開

役に立たないつぶやき→https://twitter.com/27000rpm

ご意見ご感想
27000rpm@gmail.com

何回でも言うぞ!雨の日はヘッドライトを点けろ!公道は自分以外全員自爆テロだと思え!


そういうわけで梅雨に突入しました。公道を歩いて移動する方、自転車で移動する方、自動車(二輪・四輪)で移動する方、場所によっては路面電車も含め公道は様々な人や車両が往来します。なので道路交通法というルールがあり、それを守らなければいけません。自動車「免許」の「免許」というのは、資格ではなく「一旦全員の自動車運転を禁止し、認められたものだけに禁止を免ずる」もので、道路交通法の知識や、凶器となりうる二輪・四輪自動車を運転する最低限の技能を身につけた者に交付されています。早い話、自動車って刀やナイフの刃物より遥かに強力な凶器となりうるものであり、それを公道で扱うには一旦全員に対し禁止しなければいけないものなんですよね。
さて、自転車は特に免許制度はありませんがこれも生身の人間とぶつかると充分殺傷能力があります。そういうわけで公道でぶつかった場合、一般的に過失責任は「大きな方」が重くなります。だから歩行者や自転車より車両運転者の方がより慎重に、注意して危険予知をする必要があります。前置きが長くなりましたが、そういうルールだの決まり事だのに関係無く、交通事故を起こしたら関係者全員が不幸になります。車とぶつかって大怪我して一生残る障害を背負ってしまえば、いくら相手側が充分な任意保険をかけていてふんだんに金銭的保障は得られても失うものが大きすぎます。なので、交通弱者側の立場で公道を往来していても自分で自分の身の安全を守るしか無いのです。これからずっと梅雨の季節が続きます。雨の日は視界が悪くなり、ドライバーの視力も落ちます。傘差し運転の自転車はほぼ周囲が見えなくなっています。歩行者も傘を差していれば目の前しか見えていません。皆が皆、周りが見えなくなっているので自転車や自動車は必ず雨の日はヘッドライトを点けましょう。自分の存在を周囲にアピールすることでより不幸な事故は回避できます。また、自転車や歩行者は晴れていても夜は反射板のタスキを身につけると効果的です。とにかく、光で自分の存在をアピールすることが少しでも身の安全を確保できます。究極の安全は外に出ないことだけどね。

PEUGEOT(プジョー)SUV2008に乗ってステンレスタンブラー貰ってきたぞ!営業さんの対応がルノー某店舗と大違いでおフランスへの偏見が無くなったぞ!4


日本車外車に関係無く、ネットでよく試乗キャンペーンをやっています。特に、外車は試乗キャンペーンに応募して適当なディーラーに申し込んで試乗すればけっこう良い景品が貰えるので、試乗できる上に景品まで貰えるという、試乗乞食にはとても嬉しいシステムとなっております。ただし、自分の個人情報と引き換えの上、普段は全く興味の無い人でもそのメーカーを知る良い機会なので決して相手にも悪くは無い話です。これは私が試乗乞食だからその言い訳で言ってるわけではなく、本当の話です。今回試乗させていただいたのはSUV PEUGEOT2008というコンパクトSUVモデル。日本車で言うとマツダのCX-3に相当するのでは無いでしょうか?今回貰える景品はPEUGEOTオリジナルタンブラーということで、あのかっこいいベルフォールのライオンマークの入ったタンブラーを貰いに試乗に行きました!

SUV PEUGEOT 2008

形式 ABA-A94HN01
トランスミッション 6速AT(トルコン式)
全長 4,160mm
全幅 1,740mm
全高 1,570mm
最小回転半径 5.5m
車重 1,230kg(オプションのガラスパノラマルーフ付きは1,250kg)
エンジン 3気筒ターボDOHC
排気量 1,199cc
最高出力 81kW(110hp)
最高トルク 205Nm(20.9kg)
JC08モード燃費 17.3km/l

ネットで任意の店舗を選んで予約をすると、プジョーサービスダイヤルから電話がかかってきて細やかなフォローを受けて正式に日時を決定し、店舗から予約確認のメールが届いて予約完了という形でした。しかし!予約当日に急用ができて「予約時間を早めてもらっていいですか?」と電話をすると「もちろん大丈夫です!お待ちしています!」と、同じおフランスでもルノー某店舗とは大違いのとても気持ちのいい返事でした!さてスペックは上記の通り。SUVということもあり、マッドモード(ぬかるみ)サンドモード(砂地)スノーモード(雪道)、ノーマルモードと備えていますが、要はただのトラクションコントロールだとツッコミを入れないように!そして6速ATも乾式デュアルクラッチシステムではなく昔ながらのトルコン式ですが、正直ヘタに未完成で安物な乾式デュアルクラッチ式よりトルコン式の方が乗り心地も良く、さらにアイシン製のトルコンなので文句の付けようがありません。ラゲッジスペースもけっこう広く、コンパクトSUVとして申し分無い使い勝手です。ただ、残念なのはコンパクトSUVとはいえ一応3ナンバーのボディを有しているくせに足元が狭く、後部座席もお世辞にも広いとはいえない感じでした。マツダのCX-3の方が後部座席は広い印象でした。でもそんなしょっちゅう後部座席に人を乗せる機会があるなら最初からもっと大きな車を買えばいいだけなのでそこも問題無しです。実際に乗って走らせてみると、ブレーキの踏み心地がとても良く、踏み心地は「ブレンボ型(勝手に名付けた)」で、フニャッとした感じは無く、踏めば踏んだだけ応答してくれるタイプなのでこれはSUVタイプにも向いている踏み心地です。あと、ウインカーリレーの音も上品で好きな音でした。試乗の後、208GTiや308GTiのカタログも付けてくれて無事タンブラーをいただきました。ご対応いただいた営業さん、ありがとうございました!
2008SUVIMG_2580

【廃線】JR三江線跡をちょっと覗いてみた!やはりどんないらない路線であっても廃線になると物悲しいね!

廃線となったJR三江線(三次-江津)。山陽と山陰を連絡する鉄道路線は数あれど、ここほど連絡線としての機能も為さず、また沿線住民の足としても不便で、存在自体不要であったくせに2018年まで存続し続けたのは奇跡といっていい路線、それが2018年3月をもって廃線となったJR三江線。ここは初期敷設段階から部分開通するごとに絶望的な未来しか見えておらず、全線開通までに幾度も廃線案が出ながらも全線開通に至り、それでもどうにもこうにも誰も利用しないから当然の如く廃線になったという意味不明な路線でした。まず、全線を通して平均30km/hほどでノロノロ走り、駅の場所もほとんどが秘境駅のような場所であり、沿線の主要な場所間はバスの方がはるかに早くて便利でした。しかし、どんな不要な路線であっても廃線となってしまえば寂しいもので、島根を通ったときに少し廃線沿線を辿ってみました。殆どの駅が一日乗車人員平均「0人」だったという路線自体が秘境線のような場所だったようです。
20180429001-12018042900320180429004201804290006201804290007

























Twitter プロフィール
ぼっちリーマンのアホなつぶやき
カー用品
最新記事